毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

江戸前アユが放流された秋川が解禁!

江戸前アユが放流された秋川が解禁!

つり人編集部=写真と文

現在発売中のつり人7月号でも掲載していますが
多摩川下流部で採取した天然アユを
上流部にくみ上げ放流する試みが
昨年に引き続き、今年も行なわれています。

具体的に支流の秋川渓谷に約15000尾
本流上流部の奥多摩エリアに約10000尾が放流済みです。

一昨日の6月6日に秋川のアユ釣りが解禁になり
編集部が取材に行きました。
くみ上げ放流した江戸前アユはまだ掛かる大きさには育っていないようでしたが
取材させていただいたエキスパートの坂本さんは
午前中だけで48尾も釣られました。

昨年は大雨に泣かされた秋川ですが
今年は大いに期待できそうです。

ところで、SNSで多摩川の天然アユのくみ上げ放流に対して
批判的なコメントが書かれているのを見てしまいました。

「そんなことして、どんな意味があるんだ? 税金の無駄遣いするな!」

というようなコメントなのですが
切なくなりました。

アユは本来、川の上流部までソ上します。
が、多くの河川ではダムなどの構造物が
ソ上魚の前に立ちはだかります。

多摩川に関しては
かねてから「魚がのぼりやすい川造り」
を国交省が行なっていて
堰堤に魚道が設けられているものの
それがうまく機能していません。

そのため、大半のアユは河口から20kmほどしか
ソ上することができないのです。

それをすくって、上流部の水のきれいなエリアに
放流してあげようというのが、今回のプロジェクトです。

たしかに、天然アユのくみ上げ放流を行なったところで
株価が上がるわけではありません。
景気がよくなるわけでもありません。

でも、ロマンがあります。

ダムや堰堤ができる前は
夏になると東京湾から多くのアユが多摩川をソ上し
秋川渓谷や奥多摩エリアを目指しました。

それが河川環境の悪化のために
何十年間も途絶えていたのです。

今回、くみ上げ放流を行なったおかげで半世紀ぶりに、多摩川上流部に
東京湾生まれの江戸前アユが帰ってきたのです。

今は上手く機能していない堰堤の魚道を整備すれば
人の手を介さずとも、江戸前アユは多摩川上流部までのぼることができるようになるのです。

拝金主義者には永遠に理解できないかもしれませんが
海と川がつながるということは自然回復の大きな一歩であり
素晴らしいことなんです。

(山根)



















2015/6/8

<< 2015/6 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中