毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

タチウオ/「竜田揚げ」

香味の効いた醤油ダレが味を引き立てる

葛島一美 写真と文
400
ほどよく香味の効いた醤油ダレが食欲を誘う竜田揚げ。酒の肴はもちろん、ご飯のオカズとしても家族受けは人気ナンバーワン!


この記事は『つり人』2016年2月号に掲載したものを再編集しています。

タチウオの竜田揚げ


材料

タチウオ
醤油ダレ
・醤油大さじ3
・日本酒大さじ2
・おろしショウガ小さじ1
・おろしニンニク小さじ2分の1
片栗粉
揚げ油
スダチ・カボス・レモンなどの柑橘類


1 
401 タチウオは背ビレと腹ビレに沿って片身をそぎ取り基本どおりの3枚おろしにし、適当な切り身にして漬けダレに約10分浸して味を染み込ませる

2 
402 粉を付ける前に、ペーパータオルにはさんで軽く叩くようにして余分な水分を取り除く


 
403 片栗粉をまぶす。片栗粉はたき落とさずに残しておくと、揚がった時に美味しそうな“粉”を吹かすことができる


 
405 揚げ油は170 ~ 175度に熱し、切り身を手早く入れていく。この際、衣の表面が固まるまでは菜箸などで触らないこと。漬けダレが焦げやすいので注意し、油の表面に切り身が浮かび上がってきたら揚げ上がりの目安。揚げバットで余分な油を切って盛り付ける。中骨付きのまま筒切りの身を揚げてもよい

柑橘類 406 写真左からスダチ、カボス、レモン。柑橘類は香りの演出とともに食欲増進にも欠かせない。今回は竜田揚げにレモン、塩焼きにスダチを選んだが好みでOK。また、酒蒸しに添えた市販ポン酢の中にこれらの柑橘類をひと絞りすると、香りがグッと引き立つ

タチウオ料理関連記事はこちら!
さばき方
甘辛醤油煮
塩焼き
酒蒸し
竜田揚げ
炊き込みご飯

2016/12/6

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中