毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

懐かしい春の一日

懐かしい春の一日

つり人編集部=写真と文
猛烈な春一番が吹いたと思ったら
猛烈な吹き返しで北風がビュービュー吹き
これでちょっとは春らしく
穏やかになるかと思いきや
今日も南風がビュービュー。
明日も北風がビュービュー吹くとか。

しかも、今夜から雨。
昔なら荒れ後の一発をねらって
嬉々として磯に行ったが
最近はなかなか自由に動けない。


春の使者、メバル。またの名を春告魚

何年か前の今時分
荒れ後にクロダイをねらって
三浦半島の宮川湾の地磯(観音山)へ行ったときのこと。

この日は朝から一日シトシト雨が降り
前日のシケで潮にニゴリが入り
波っ気も適度にあり、雰囲気はサイコー。

釣り開始から程なくして
金色のメバルが釣れるようになった。
型は15cm前後で時おり20cmオーバーも顔を出す。
適度なニゴリが入れば
メバルは日中でも磯・堤防から釣れる。

そして、こんな日はドスンッとクロダイがくる。

そう思いながら夕マヅメまでサオを振り続けたが
クロダイはついに姿を現わさず
納竿1時間前くらいからはメバルが入れ食い状態。

いったい、何尾のメバルを釣っただろう。
20や30じゃきかないはずだ。
陸っぱりから、これだけ多くのメバルを釣ったのは
後にも先にもこのときだけ。

今夜、傘を忘れ
雨でズブ濡れになりながらの帰り道
メバルが入れ食いになった春の一日を
ふと思い出した。(山根)


2008/2/26

<< 2008/2 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中