カテゴリー

クチボソ・ヘラブナ釣り 埼玉県さいたま市・大宮第二公園

編集部 2017年3月25日

道具立てがシンプルでコンパクトな小もの釣り。 電車釣行ができたり、ちょっと隙間時間を見つけて楽しめるのも魅力だ。 気構えせずにふらっと行きたくなるような都会や住宅街のオアシスを紹介。

広大な芝生のなかに広がるひょうたん型の遊水池。ヘラブナファンが多い

開放的な芝生でのびのび小もの釣り

編集部◎まとめ

クチボソ・ヘラブナ釣り 埼玉県さいたま市・別所沼公園

編集部 2017年3月25日

道具立てがシンプルでコンパクトな小もの釣り。 電車釣行ができたり、ちょっと隙間時間を見つけて楽しめるのも魅力だ。 気構えせずにふらっと行きたくなるような都会や住宅街のオアシスを紹介。

公園の東側に小ものファンが多かった

壮観なメタセコイアに囲まれた癒し空間

編集部◎まとめ

ヘラブナ釣り 千葉県・清遊湖

編集部 2017年2月25日

「ヘラブナ事始めⅡ」記事内、チョウチン釣りの仕掛け

ヘラブナ釣り/身近な管理釣り場でチャレンジ :後編

編集部 2017年2月24日

前回、茨城県の友部湯崎湖を舞台に、編集部員が入門したヘラブナ釣り。 今回は同じくレンタルタックルを用意している千葉県の「清遊湖」で第二ラウンド。 引き続きチョウチンのセット釣りで、ピカピカの新ベラを手にすべくチャレンジ!

ハリスとエサの調節を覚えよう

つり人編集部=写真と文

ヘラブナ釣り/身近な管理釣り場でチャレンジ :前編

編集部 2017年1月26日

セミメーター、カッツケ、ウドンセット……。姉妹誌にして、ヘラブナ釣りの専門誌である隔月刊DVD付きマガジン「ボーバー」に躍る楽しそうなタイトル。 が、まったく意味が分からない。マブナと同じフナなのに、ヘラブナ釣りはどうしてこうも違うのか?

友部湯崎湖なら手ぶらでOK

つり人編集部=写真と文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!