カテゴリー

今年のアジングは遠距離をねらうべし! 魅惑のロングディスタンスアジングとは!?

編集部 2019年9月9日

平成が終わって令和がスタート。いやはや歳月は移り変わるものですなぁ~と、思っていましたが、んっ? 待てよ、ふと『アジングJAPAN最前線』創刊号を見れば「2010年」のクレジットが!

【動画】ダイワ鮎マスターズ2019優勝・上田弘幸の「強制ボルダリング引き」

編集部 2019年8月27日

2019年8月23~25日、岐阜県・長良川で行なわれた33回目の「ダイワ鮎マスターズ」は上田弘幸さんの優勝で幕を閉じました。同大会で上田さんは瀬田匡志さんと並ぶ3度目の頂点、V3を達成。

生態調査から見えてきた尺イワナの居場所と釣り方

編集部 2019年8月26日

結局、大ものは特別な釣り場でなければ釣れないのでは?そんな釣り人の思い込みが、ある意味で覆るような調査がある。釣り好きが高じて、渓流魚の生態を実地で調べてきた高木優也さん。

マグロ釣りの結び方/ハワイアンフックの接続

編集部 2019年8月24日

相模湾のキハダマグロ釣りはただいまシーズン真っただ中!! マグロと渡り合うためには20~40号と極めて太いハリスが必要になりますが、締め込みにくい太糸は結びの勝手も当然異なります。

マグロ釣りの結び方/ビミニツイスト

編集部 2019年8月24日

相模湾のキハダマグロ釣りはただいまシーズン真っただ中!! マグロと渡り合うために必要な太糸は結びの勝手も当然異なります。糸が潰れず弱点のない接続はどうするのか? ビギナーにはハードルの高い極太糸の結び方を、クロマグロをはじめとする大ものを周年手にしている大杉季史さんに教わりました。

マグロ釣りの結び方/坂本結び

編集部 2019年8月24日

相模湾のキハダマグロ釣りはただいまシーズン真っただ中!! マグロと渡り合うためには20~40号と極めて太いハリスが必要になりますが、締め込みにくい太糸は結びの勝手も当然異なります。

東京湾で船テンヤタチウオ釣りを楽しむ方法

編集部 2019年8月20日

近年、関西を中心に人気が沸騰しているのがテンヤを使った船のタチウオ釣り。一方、東京湾のタチウオ釣りはテンビンエサ釣りが主流なのだが、テンヤを楽しむ人も徐々に増えてきている。

アユ釣り/場荒れ河川で釣果を上げる小沢聡の超思考法

編集部 2019年8月8日

6月上旬、解禁から1週間の長良川中央漁協管内。このエリアを象徴する釣り場のひとつ「鮎之瀬」に小沢聡さんの姿はあった。

混雑河川でのポイントの見極めとオトリの操作

つり人編集部◎写真と文

アユ釣り/喧嘩っ早い天然アユが泳ぐ、日本海側小河川の魅力

編集部 2019年8月6日

の夏、東北・北陸の日本海側アユ河川が天然ソ上に沸いている。昨夏の不良を吹き飛ばすアユが熾烈なナワバリ争いを繰り広げているのだ。喧嘩っ早い日本海アユに魅せられてウン十年「日本海の浦上さん」の異名を持つベテラン、浦上博さんが潮風薫る小河川でアユバケーションを楽しむ。

オーシャンビューで入れ掛かり

つり人編集部=写真と文

イワナ・ヤマメ・ニジマス釣り/高原の渓のファミリーキャンプ

Sample HubSpot User 2019年7月16日

夏休み避暑地で家族旅。となれば王道のプランがキャンプだろう。渓魚を釣って野営して、非日常の時間は家族の記憶に深く刻まれる。

夏休み。避暑地で釣りとキャンプの家族旅

つり人編集部=写真と文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!