カテゴリー

宮城県塩釜市~名取市・仙台湾のマアジ釣り

編集部 2020年8月3日

カレイの活性が下降気味になる水温上昇期にシーズンを迎える好ターゲットがマアジ。中層ねらいの面白さと味の良さで人気急上昇中。

群れによりサイズは異なるが、アベレージは30㎝前後といったところ。いい時期や群れに当たれば40㎝オーバーの良型が頻発することも珍しくない

中層が躍動する夏秋の仙台湾中南部

レポート◎道下 裕

宮城県名取市・閖上漁港のハゼ&小もの釣り

編集部 2020年7月9日

車で楽々エントリーできる閖上漁港はビギナーやファミリーの小物釣りにもおすすめ!

車でのエントリーが容易な閖上漁港の岸壁。ポイントの直近に駐車し、サオをだす釣り人が多い。賑わいをみせる盛期の週末でも、スペースに困らない程度のキャパがある

震災からの再生が加速し始めた伊達藩直轄の漁港

レポート◎道下 裕

1日20~30尾は堅い!? 宮城県女川町女川湾のカレイ&アイナメ釣り

編集部 2019年5月2日

春の東北を彩る風物詩・カレイ。さまざまな種類のカレイが青森~福島まで東北地方太平洋側で釣れ、多くの釣り人を楽しませている。中でも三陸地方は、仙台湾に並ぶ好釣り場として根強い人気を誇る。

メインとなるターゲットがマコガレイ。煮付けにして食べると大変美味だ

釣り船の予約やエサの手配は釣具店におまかせでOK!

協力◎オイデ釣具店

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。