カテゴリー

9月26日発売!『Gene of morethan ジーン・オブ・モアザン』

編集部 2019年9月24日

ニッポンが誇るシーバスのルアーフィッシング。創生期から先陣を切ってこの釣りを切り拓いてきたダイワの歴史は、そのまま「モアザン」というブランドに注ぎ込まれ、今なお進化の頂を尖らせ深化のすそ野を伸ばし続けている。

今年も開催決定! 第2回 気仙沼ロックフィッシュ・フェスタ

編集部 2019年9月20日

2006年の創刊号以来、全国各地で楽しまれている根魚のルアーゲームの魅力を伝え続ける小社発刊ムック『ロックフィッシュ地獄』シリーズでもおなじみの東北三陸エリア。昨年に引き続き、全国屈指の魅力を秘めたこの地を会場にロックフィッシュゲームのイベントを開催します。

「幸せになれるシーバス釣り」を提案します!

編集部 2019年9月19日

シーバス釣りをしている皆さんは、一日釣りをして、どれぐらい釣れたら満足されていますか? 3匹ですか? 5匹でしょうか? 

『シーバスライフ』創刊号、9月13日発売!

編集人 RIVER-WALK 若林 輝

“トナリの釣り”にも興味が出てきた、やってみたいという方に超おススメの参考書が発売中です!

編集部 2019年9月17日

釣り人は欲張り。今まで夢中だった釣りが一段落すると、周囲で目にするほかの釣りや、雑誌でよく取り上げているターゲットも気になってくるものだ。

『ルアーフィッシング レッドオーシャン戦略』&『ブルーオーシャン戦略』好評発売中!

つり人オンライン=まとめ

日本で唯一のシーバス釣り専門誌『シーバスライフ』が本日発売となりました!!

編集部 2019年9月13日

日本で唯一のシーバスフィッシング専門誌『シーバスライフ』がいよいよ発進!! 「シーバス釣りのある生活」を、今もっと楽しく魅力的にする一冊。 特集は「水面に誘え!」。

9月13日発売!『アジングJAPAN最前線2019-2020』

編集部 2019年9月10日

誰もが気軽にスタートできるアジングだが、昨今ではイージーに好釣果を手にすることが難しくなった……といわれることも。とはいえ、そんな最新事情のなか、新たな着眼点と攻略手腕、さらなるニューアイテムを駆使することで、まだ手付かずのパラダイスを次々と開拓するアングラーがいる。

9月13日発売!『投げ釣りパラダイス 2019 秋冬号』

編集部 2019年9月10日

特集は「カレイ釣りを読み解く」。どんな釣りでも前もって考えていたことや作戦どおりにいかないのが常。そこで各地のベテランキャスターに作戦の成功例、失敗例、偶発的釣果などいろいろな経験を披露してもらい、なぜそうなったのかを分析することで釣果アップに繋げたい。

9月13日発売!『ルアーパラダイス九州 No.32 2019年秋号』

編集部 2019年9月6日

九州北部の小さなルアー島を巡る『島好きルアーマンの島遍歴』、本誌精鋭ライターが勧める九州七県の『島釣り旅ガイド』、島ならではの味わいを集めた『島めし、島あじ、島みやげ』、たくさんの島好きアングラーの声をお届けするアンケート集『離島の口コミ!』などなど、秋の島巡りが楽しくなる企画が盛りだくさん!

釣り人たちのマジで死ぬかと思った体験談

編集部 2019年8月16日

台風10号は日本海に抜け、関東地方は明日から晴れるようです。 しかし、晴れたからといって、海、川ともに注意が必要です。 特にシケ後の海で怖いのがヨタ波です。 通常の波の高さとは明らかに異なる大きなウネリが、突然やってくるのです。

台風去っても、ヨタ波には気を付けましょう!

つり人編集部=写真と文

台風10号は日本海に抜け、関東地方は明日から晴れるようです。

釣り場の心霊現象は科学的に解説可能!? 幽霊の正体見たり「パレイドリア現象」とは?

編集部 2019年7月18日

みなさんこんにちは。つり人社インターネット係のアライです。 夏ですね。夏と言えば怪談ですよね。 霊的なものは水場に出やすいということもあってか、多くのつり人が心霊現象を体験しているようです。

写真はイメージ

書籍『水辺の怪談』シリーズがKindle版で発売になりました

つり人オンライン=文

みなさんこんにちは。つり人社インターネット係のアライです。

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!