カテゴリー

釣り用ウエアのお手入れ方法/レイン、ウエーダー、ライフジャケット

編集部 2020年6月29日

リールメンテナンスというと、工具を用意して分解、パーツを洗浄してグリスアップ……というのは過去の話。現在のリールの中には取説に「分解禁止」と書いているものまである。じゃあユーザーはどうすればいい、というのをまとめてみた。

自分でできる! スピニングリールのメンテナンス

編集部 2020年6月25日

リールメンテナンスというと、工具を用意して分解、パーツを洗浄してグリスアップ……というのは過去の話。現在のリールの中には取説に「分解禁止」と書いているものまである。じゃあユーザーはどうすればいい、というのをまとめてみた。

船釣り超入門 船釣りに必要な道具【収納・クーラーボックス編】

編集部 2020年2月4日

海の船釣り(沖釣り)に適したバッカンとクーラーはどんなタイプ?答えはねらう魚種によって異なります。上州屋神田駅前店・鈴木尚之店長に教えてもらった基本をまとめました。

オキアミの付け方まとめ/名人・友松信彦さんが基本から解説

編集部 2019年12月17日

『つり人』本誌でおなじみのメジナ釣りトーナメンター、友松信彦さんがオキアミの付け方を解説。大会でも誰もが真似できるシンプルなエサ使いで大型メジナを次々に釣りあげる友松さんの技をここに公開!

船釣りの服装まとめ/春・夏・秋冬 季節別に解説。船釣り入門

編集部 2019年12月5日

海の船釣り(沖釣り)はいったいどんな服装で行けばいいのでしょうか? 外してはいけないポイントやマナーはあるのかも含め、帽子から靴下まで基本をまとめました。

海で使った釣り竿&リールをお手入れする方法

編集部 2019年11月22日

酷使する釣り竿とリールをきちんとメンテナンスしているだろうか? 道具は愛情をかけるほど助けてくれる場面は多い。ここでは、自分でできる釣り竿とリールのメンテナンスを、毎釣行後に行なうべき基本に加えて一歩踏み込んだ部分まで紹介します。

魚の視覚と釣果の関係にせまる:色の違いよりも明度が重要?

編集部 2019年11月21日

エサやルアーは、魚にハリに食いついてもらうための最も重要な釣り具といえます。新刊『釣りエサ(ルアー・エギ・毛バリ・生エサ)のひみつ』は、最新の情報やデータを元に釣りエサにまつわるヒントを科学的に解説した1冊。

魚の視覚と釣果の関係にせまる:アオリイカの餌木とクロダイの練りエサからわかること

編集部 2019年11月18日

エサやルアーは、魚にハリに食いついてもらうための最も重要な釣り具といえます。新刊『釣りエサ(ルアー・エギ・毛バリ・生エサ)のひみつ』は、最新の情報やデータを元に釣りエサにまつわるヒントを科学的に解説した1冊。

魚の視覚と釣果の関係にせまる:魚は色を見分けるのか?

編集部 2019年11月13日

エサやルアーは、魚にハリに食いついてもらうための最も重要な釣り具といえます。新刊『釣りエサ(ルアー・エギ・毛バリ・生エサ)のひみつ』は、最新の情報やデータを元に釣りエサにまつわるヒントを科学的に解説した1冊。

ルアーフィッシングの基礎/トレブルフックとシングルフック。それぞれの長所は?

編集部 2019年8月29日

プラグやジグといったハードルアーには、ハリ先を3本備えたトリプルフックと1本のシングルフックがある。一見すると数の多いトリプルフックのほうがハリ掛かりはよさそうだが、シングルも使われるのにはどんな理由があるのだろうか?

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。