毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

タナゴ釣り超入門DVDいよいよ発売!

タナゴ釣り超入門DVDいよいよ発売!

つり人編集部=写真と文
NHKの大河ドラマ「天地人」が終わった。

舞台になった戦国時代はどうだったかわからないが
家康が開いた江戸時代、
大名や旗本がタナゴ釣りに血道をあげていたというのは
有名な話である。

最後の将軍
徳川慶喜公が愛用していた和竿などが
貴重な資料として残されている。

江戸前の釣りでは
寒タナゴといって
タナゴ釣りは冬の釣りものの代表格だった。

タナゴは冬しか釣れないのかといえば
さにあらず。
ほぼ周年楽しめるターゲットである。

では、なぜ江戸前の釣りでは冬期限定だったのか。

ひとつには、冬の釣りものが
今と違ってそれほど多くなかったということ。
また、冬はタナゴがドックなどに群れるため
数釣りが楽しめる。
すなわち、数を競う釣りができたのだ。

今でも、一番数が期待できるのは
これからの厳寒期だろう。

さて、昨年刊行されて話題になったのが
葛島一美さんのタナゴ釣り入門書
水郷のタナゴ釣り
である。



伝統のタナゴ釣りから
カーボンザオにグルテンエサという
現代のタナゴ釣りのノウハウが
懇切丁寧に解説されている
まさに、タナゴ釣りのバイブルである。

でもって
タナゴ釣りのベストシーズンに照準を合わせて
発売になったDVDが
その名も
見て納得! 水郷のタナゴ釣り
だ。



写真と文章だけでは
伝えづらかったタナゴ釣りの繊細なテクニックも
動画なら一目瞭然。

難しいイメージのあるタナゴ釣りだが
このDVDを見れば、敷居は一気に低くなるはず。

ロケ地は霞ヶ浦周辺のホソ、河口、湖岸で
メインターゲットはオカメタナゴとオオタナゴ。

エサの作り方、エサの付け方、サオの持ち方
和竿の継ぎ方、道具立て、ウキの浮力調整、合わせ方などなど
実釣をまじえながらテクニックを解説。

本を読んで動画を見れば
あとは実釣あるのみ。

水郷では
全長3センチにも満たないタナゴが
おちょぼ口をパクパクさせながら
エサの落下を待っている。

冬晴れの一日、タナゴと戯れてみてはいかがでしょう。

(山根)



2009/11/23

<< 2009/11 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中