毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

多摩川の河川敷利用有料化について

多摩川の河川敷利用有料化について

つり人編集部=写真と文

多摩川の中流域から下流域にかけては
コイ、ヤマベ、ウグイ、ハゼ、テナガエビ
などさまざまな魚がねらえる。

水質も年々きれいになっていて
場所によっては岸辺に緑も多く
都心近郊在住の人たちのオアシスになっている。

しかし、釣り場としてのネックは
河川敷に駐車場がほとんどないという点。
他の河川のように
気軽にクルマでアプローチできる場所が増えれば
釣り人にとって、これほど喜ばしいことはない。

そんな声に応えるためか
川崎市が9月の1ヶ月間
河川敷の一部を有料化して
利用者から料金を徴収するという実験を行なった。

今朝の読売新聞の川崎版に
その結果が載っていた。

河川敷の利用料金は小学生以上から1人500円。

市では1ヶ月間の利用者数を1万人と予想していたが
実際は1万4000人で
収益予想も500万円を190万円上回り690万円だった。

400万円を警備費、100万円をゴミ回収費に充てる計画だったため
190万円の黒字ということになる。
この余剰分は河川敷の緑地美化事業などにあてられる予定だという。

500円で1日遊ばせてもらえるなら
こんな安上がりなことはない。
有料になっていいから
クルマで乗り入れできる場所をぜひとも増やしていただきたい。

ただでさえ税収が減っているのだから
市の財政を立て直すヒントにもなるのでは?

と、希望の光が差し込んだのもつかのま
読売新聞の同じ面に
「中原区の矢上川でコイ大量死」
の見出しが…。
矢上川は鶴見川の支流であり
2川の合流点付近はコイの好ポイントで
メーターオーバーの実績もある。

記事によると
今月の2日に矢上川で130尾のコイが死んでいたというのだ。
水質調査などを行なったが毒物は検出されず
酸欠が疑われているという。
コイヘルペスのような病気でなければいいのだが…。

(山根)

2010/10/5

<< 2010/10 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中