毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

強い結びはどれだ!? 最終回

強い結びはどれだ!? 最終回

つり人編集部=写真と文

各地から腕に覚えのある釣り人が集まる
全国大会の決勝戦。

前夜の懇親会などで
釣り人たちの話題になりやすいのが
「強い結びはどれか?」
です。

私はこれまでに
磯釣り、アユ釣り、渓流釣り、ルアー・フライ釣りなどなど
全国の多くのエキスパートを取材させていただき
さまざまな結び方を教わりました。

実際に、ラインメーカーの協力を得て
月刊つり人の誌面上で
結びの強度を専用の計測器を用いて調べたことも何度かあります。

その結果
絶対的に強い結びは存在しないということを
このブログで3度にわたり書きました。

つまり、結びの強度は
・イトの号数
・イトの材質
・結ぶ回数
などにより、異なってくるのです。

上記以外で、もうひとつ
結びの強度を決める要素があります。

それは

誰が結んだか?

です。

たとえば、あるエキスパートが
フィンガーノットが一番強いと言っているとします。

実際、その方に他の結び方でも結んでもらい
それぞれの強度を調べると、たしかにフィンガーノットが一番強かったとします。

それを知り
今まで内掛け結びでしかハリを結んだことがなかった人が
フィンガーノットを見よう見まねでやってみても
内掛け結びのほうがはるかに強かったなんてことがあります。

つまり、結びのポテンシャルを最大限に引き出すためには
きれいに、しっかりと結ぶことが大事なのです。

私がある名手に言われたのは
暗闇でもスムーズに結べるようにならないと
結びの強度を最大限に引き出せないということ。

どんなに強い結びでも
きちんと結べていないと弱いですし
弱いとされる結びであっても
手早くきれいに結べれば、それなりの強度を発揮してくれます。

だいたい、どのような結びであっても
しっかりと結べていれば
魚との引っ張り合いで結び目から切れることは
そうそうありません。

結び目から切れてしまった多くのケースは
うまく結べていなかったからではないでしょうか?

というわけで
結びのポテンシャルを最大限に引き出すためには
何度も練習して
その結び方を自分のものにするということです。

釣りって奥が深いですね~

(山根)











2012/9/11

<< 2012/9 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中