毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

魚の引きをいなす

魚の引きをいなす

つり人編集部=写真と文

三連休も本日で最後ということですが
私は神田神保町の編集部に缶詰状態で
月刊つり人11月号の編集作業をしています。

記事を読んでいて、よく目にするのが
「魚の引きをいなす」
という言葉。

岩波国語辞典第四版で「いなす」を引くと
「相撲で、急に体をかわして相手をよろめかせる。
転じて、相手の攻撃や追及を軽くかわす」
とあります。

大ものが掛かった際
力任せにやり取りすれば
イトが切れるか、サオが折れるか
あるいは、魚の口が切れて、はいサヨナラとなります。

そのため、魚の引きをサオの弾力やリールのドラッグで
「いなす」ことが、やり取りのキモといえます。

柔よく剛を制す。

日本人の得意とするところではないでしょうか。

一方、外交に目を向けると
中国や韓国で反日感情が高まっています。
特に、中国での反日デモは日に日にエスカレートしています。

こんな時
ドラッグをぎちぎちに締め込んで
ガチンコファイトしたらどうなるか。

釣り人なら一目瞭然です。

今こそ、外交のウデの見せ所です。
しっかりと「いなし」て
柔よく剛を制してもらいたいものです。

お願いしますよ、ホントに…。

(山根)

2012/9/17

<< 2012/9 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新号 2018年1月号

特集は「いつか釣りたい! をかなえる完全ガイド マダイの扉」。美しい色彩と姿形から、古来より日本人の生活に、深く関わってきたマダイ。一度は釣ってみたい花形釣魚を大特集。1つテンヤ、タイラバ、コマセ、カゴ釣り、ブッコミなど多彩な釣法を紹介。そのほか、料理、生態、名物船長が語るマダイの真実などマダイ尽くしの内容でお届け。 淡水はコブナ釣りのいい季節。小ブナの生態、釣り道具、仕掛けの作り方、釣り場の特徴、ポイント紹介を掲載。初冬の小ブナ釣りをトータルでサポート。身も心もほっこりする小ブナの数釣りを楽しもう!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中