毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

2013つり人社社員研修に行ってきました。

2013つり人社社員研修に行ってきました。

つり人編集部=写真と文

2013年度の
つり人社社員研修が無事に終了しました。

特に21世紀に入ってから
釣りジャンルの細分化が進み
たとえば、ルアーフィッシングといっても
海と淡水ではタックルやルアーが全然異なりますし
淡水でもトラウトとバスとでは、がらりと変わります。

弊社は釣り一筋の出版社で、当然社員も釣りキチばかりですが
やはり、それぞれに得意分野というものがあります。

社員研修でさまざまな釣りに接し
社員の釣りの知識を深めようということで
海、川、湖沼、エサ、ルアー、フライ問わず
毎年、違う釣りにチャレンジします。

というわけで
今年の研修種目はバス釣り。
場所は河口湖で行ないました。
















久しぶりのバス釣りで燃えましたが
残念ながらワタシはギルのみに終わりました。

ショック……。

翌日は(公財)日本釣振興会の精進湖湖底清掃に参加しました。




2007年からボランティアのダイバーの協力を得て
全国各地で行なっている湖底清掃。

今年はなんと、68カ所で行なう予定だそうです。

今回の精進湖もそうでしたが
湖底清掃で揚がるゴミの多くは
古いものが大半です。

昔は、ゴミを捨ててはいけないという意識が低く
逆に、今はゴミをきちんと持ち帰っているためと思われます。

ちなみに、昨年は計23トンのゴミを回収し
その中で、明らかに釣り具と分かるものは2パーセント程度だったそうです。

釣りはエコなイメージがありますが
自然環境に少なからずダメージを与えているのも事実です。

釣りという趣味を末永く楽しむためにも
釣り場の環境を維持していくことが大切です。

ゴミを釣り場に捨てないのは当たり前のこととして
釣りに行ったら、ひとつでもいいから見つけたゴミを持ち帰るなど
釣り人ひとりひとりが実践していけば
釣り場環境は、良好に保たれるのではないでしょうか。

(山根)






2013/9/30

<< 2013/9 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中