魚種別釣りガイド

海釣り超入門 メバル・ルアー釣り編【道具&釣り方解説】

海のルアーフィッシングで外すことのできないターゲットがメバルです。漁港や堤防など身近なエリアからねらうことができるうえ、道具立てもシンプル。釣りの入門ターゲットとしても、奥深いゲームの対象魚としても人気です。

編集部 2020年2月7日

船釣り超入門 船釣りに必要な道具【収納・クーラーボックス編】

海の船釣り(沖釣り)に適したバッカンとクーラーはどんなタイプ?答えはねらう魚種によって異なります。上州屋神田駅前店・鈴木尚之店長に教えてもらった基本をまとめました。

編集部 2020年2月4日

【動画】ダイワ鮎マスターズV3!上田弘幸さんの新釣法をドローン撮影で分析 「強制ボルダリング引き」

上田弘幸さんの優勝で幕を閉じた33回目の「ダイワ鮎マスターズ」。3度目の頂点に立った上田さんの新釣法「強制ボルダリング引き」をドローン空撮で分析しました。

編集部 2020年1月9日

年末年始にチャレンジしたい船釣りターゲット5選

年末年始の休暇に新しいターゲットに挑戦したいという方や、船釣りデビューをしてみたいという方向けにおすすめの船釣り対象魚の入門記事を集めてみました。

まさに今がシーズンのおすすめターゲット

つり人オンライン=まとめ

編集部 2019年12月30日
もっと読む

美味しい鮮魚料理

【動画】ニジマスのさばき方【塩焼き】

釣り場の流しでもすぐできる! 手際よくワタを取り串を打つ方法

釣り場の流しでもすぐできる! 手際よくワタを取り串を打つ方法

つり人オンライン=まとめ

編集部 2019年5月31日

テナガエビ料理/下処理・から揚げ・鬼殻焼き

釣るだけじゃもったいない!

釣るだけじゃもったいない!

写真と文◎葛島一美

編集部 2018年5月31日

野の自然食・山菜図鑑/コシアブラ

雪解けを迎えた春の渓。河畔林の足もとや山肌に目を凝らすと、芽吹きを迎えた多くの山菜を見つけられる。なかでも見つけやすく食べやすい、おすすめをピックアップ。

軽い食感で人気上昇中

写真と文◎浦壮一郎

編集部 2018年4月16日

野の自然食・山菜図鑑/ウド(ヤマウド)

雪解けを迎えた春の渓。河畔林の足もとや山肌に目を凝らすと、芽吹きを迎えた多くの山菜を見つけられる。なかでも見つけやすく食べやすい、おすすめをピックアップ。

釣りとの相性ぴったり

写真と文◎浦壮一郎

編集部 2018年4月12日
もっと読む

全国おすすめ釣り場

北海道道北・桜岡湖のワカサギ釣り

剣淵町と和寒町にまたがって広がる桜岡湖は、道北の人気ワカサギ釣り場のひとつ。旭川からのアクセスがよく、好調なシーズンは500~600尾の釣果もよく聞かれる桜岡湖のワカサギ釣りを紹介します。

旭川からのアクセスが良好で、好調なら500~600尾の釣果も

レポート◎小林亮

編集部 2020年1月28日

静岡県静岡市・清水沖のアマダイ&アカムツ釣り

駿河湾で秋から春にかけて旬を迎え、釣り人が目の色を変えて追いかける魚がアマダイ。アマダイのタックルをそのまま使える高級魚アカムツとのリレー釣りが可能!

高級魚をねらいつつ五目釣りが楽しめる

レポート◎伊藤 巧

編集部 2020年1月22日

兵庫県淡路市・志筑新島のコブダイ釣り

厳寒期の淡路島で密かにブームになっているのがコブダイ釣り。全長60㎝、70㎝、ときにはそれ以上の怪魚と身近な釣り場でわたり合えるのだから、その迫力、スリルに磯釣りファンでなくても熱くなる。京阪神からすぐの淡路島は、コブダイ釣り最前線なのである。

フカセ釣りで迫力満点! 手軽にモンスターとファイト

レポート◎高崎冬樹

編集部 2020年1月21日

大分県竹田市・稲葉ダムのワカサギ釣り

あたらしく開通した中九州横断道路で楽々アクセスできるワカサギ釣り場

温泉地に囲まれた癒しエリアで釣りと温泉ざんまい 

レポート◎形田 淳

編集部 2020年1月20日
もっと読む

釣り場を守る 環境レポート

ダムか遊水地か? エビデンスをもとに有効性を比較検証/レポート・暴れ川にどう備える? 後編

編集部 2020年1月10日

激甚災害・台風19号が明らかにしたこれまでの治水対策の問題点/レポート・暴れ川にどう備える? 前編

編集部 2020年1月10日

自然に人の手を加えることの是非 「手助け」でもダメなのか? :後編

人間の都合で持ってきた生きものを、同じく人間の都合で、今度は駆除する……。 外来種というのは、本当に駆除すべきワルモノなのか?

自然に人の手を加えることの是非 「手助け」でもダメなのか? :前編

人間の都合で持ってきた生きものを、同じく人間の都合で、今度は駆除する……。 外来種というのは、本当に駆除すべきワルモノなのか?

もっと読む

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!