川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

酒匂川の水害

酒匂川の水害

つり人編集部=写真と文

神奈川県の酒匂川で被害に遭われた方には
心よりお見舞い申し上げます。

膝下だった水位が腰上まで上がるのに1分とかからなかった
という生々しいコメントが新聞に載っていたが、
全く恐ろしい限りである。

真っ先にダムの緊急放水を疑ったが、
今回に関しては、たしかにダムは放水していたが、
それよりも支流の鮎沢川での鉄砲水が要因のようである。

日本には約3万本もの川が流れている。
いわば日本人は川の民である。
川から、多大なる恩恵を受け、さまざまな文化を築いてきた。
川は我々の生活にとって貴重な存在である反面、
恐ろしい存在でもあった。

しかし、川の恐ろしさは、護岸やダム建設などにより、
記憶の片隅に押しやられてきた。
ちょっとやそっとの雨では、川は表情を変えなくなった。
ある意味では安全な存在になったのかもしれない。
しかし、台風や豪雨でダムや護岸が川を押さえつけられなくなると、
それまで押さえつけられていた反動か、
川は人智の及ばないほどに暴れ狂う。

川がいつもの流れに戻ると、
人々はもう二度と暴れないようにと、
ダムや護岸をせっせと造る。
そして、しばらくの間、川はおとなしくなる。
そして、予期せぬ豪雨により、再び荒れ狂う。

前世紀の100年間で、人間はそのようなことを繰り返してきた。
そして、21世紀に入り、人間が自然をコントロールするのは無理だと多くの人が知った。
にもかかわらず、今回の酒匂川のような水害が起こると
やれダムだ、やれ河川改修だとなる。

川は恩恵をもたらしてくれる一方で危険な存在である。
それで、いいじゃないか。
それじゃ、ダメなのか?





2006/8/19

2006/8 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

最新号 2019年4月号

特集は『渓流釣りなんでもQ&A』。これから始めたい入門者から、もう一歩上へのステップアップを果たしたい中級者まで、今号は、みんなに役立つ「渓流釣り」の悩み解決を大特集。宝石のようなヤマメやイワナが、いよいよ動きだす季節。楽しき渓流ワールドへ、読んでスッキリの回答で案内。
そのほか、岩手県・岩洞湖のワカサギ釣り、これから好機を迎える投げ釣りでねらうカレイ、へっぽこ編集部員が名手に弟子入りするタナゴ釣り道場など旬の釣りをお伝え。今号から短期で連載がスタートする「池の水ぜんぶ“は”は抜くな!」も必見。第1回は池田清彦先生に外来種問題の現在を聞いた。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中