川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

初島ワラサに舌鼓

初島ワラサに舌鼓

つり人編集部=写真と文

横浜市金沢区柴町の
すし処かねへいで、
土曜日に釣れたワラサをさばいていただいた。

かねへいは柴漁港の真向かいにあり、
港直送の新鮮な地の魚がいつでも食べられる。
大杉季史さんが贔屓にしている店でもある。

実は先週末も5?sほどの初島ワラサを自分でさばいて食べたのだが
さばき方によって、こうも違いがあるものかと
痛感させられることになった。
P9230019.JPG
ワラサ刺身盛り合わせ

料理は目で味わうものといったのは魯山人だったか。
たしかに、かねへいの刺身盛り合わせは美しいが、
口の中に広がる甘さも、自分でさばいたのとは
まるで別物のようだ。
P9230031.JPG
ワラサのカマ焼き

そして、極めつけはカマ焼きだ。
強火の遠火でじっくりと焼き上げたカマ焼きは
自宅のグリルでは決して実演できない焼き加減。
ブリ類特有の酸味も消え、会話を忘れて食べつくしてしまった。

かねへいに立ち寄ったならぜひとも食べたいのが
アナゴの刺身。
普通、アナゴは生では食べないが
かねへいでは、港から直送で届けられた新鮮なアナゴを
刺身で食べるのだ。
醤油ではなく梅肉とからめて食べるわけだが
これが旨い。一人で3人前を食べる猛者もいるとか。

そして関サバと並び賞される松輪サバだ。
松輪サバは刺身でもよし、シメサバでもよしだ。








2006/10/23

2006/10 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年9月号

特集は『お手軽「テンカラ釣り」、「川泊まり」ノウハウ満載 ひんやり楽しい、夏休みの渓谷』。
例年にない早い梅雨明けのあと、高気圧が列島にダブルで覆いかぶさっている今夏。おすすめはなんといっても、涼しい山への積極的な逃避。渓沿いの歩きは、下界と違って汗が釣果に結びつく。少しのクールダウンのあとは、無垢なイワナと存分にやり取り。歩いて、泊まって、釣って遊ぶ。素敵な夏休みはいかが?
第2特集は『始め方&激ウマ料理が分かる! 
テクニカルに楽しむ真夏の重量級 タコエギングをやってみよう』。東京湾でも一気に浸透してきた、関西流の餌木を使ったマダコ釣りの基本と、さらに酷暑を乗り切るお手軽レシピをまとめて紹介。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中