川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

初島ワラサに舌鼓

初島ワラサに舌鼓

つり人編集部=写真と文

横浜市金沢区柴町の
すし処かねへいで、
土曜日に釣れたワラサをさばいていただいた。

かねへいは柴漁港の真向かいにあり、
港直送の新鮮な地の魚がいつでも食べられる。
大杉季史さんが贔屓にしている店でもある。

実は先週末も5?sほどの初島ワラサを自分でさばいて食べたのだが
さばき方によって、こうも違いがあるものかと
痛感させられることになった。
P9230019.JPG
ワラサ刺身盛り合わせ

料理は目で味わうものといったのは魯山人だったか。
たしかに、かねへいの刺身盛り合わせは美しいが、
口の中に広がる甘さも、自分でさばいたのとは
まるで別物のようだ。
P9230031.JPG
ワラサのカマ焼き

そして、極めつけはカマ焼きだ。
強火の遠火でじっくりと焼き上げたカマ焼きは
自宅のグリルでは決して実演できない焼き加減。
ブリ類特有の酸味も消え、会話を忘れて食べつくしてしまった。

かねへいに立ち寄ったならぜひとも食べたいのが
アナゴの刺身。
普通、アナゴは生では食べないが
かねへいでは、港から直送で届けられた新鮮なアナゴを
刺身で食べるのだ。
醤油ではなく梅肉とからめて食べるわけだが
これが旨い。一人で3人前を食べる猛者もいるとか。

そして関サバと並び賞される松輪サバだ。
松輪サバは刺身でもよし、シメサバでもよしだ。








2006/10/23

2006/10 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年1月号

特集は“寒さますほど面白い「陸」と「海」を自在に冒険! たっぷり遊ぶ、水郷or地磯”。まず水郷は「なるほどディープな釣りの原点 郷愁の国のマブナ釣り」と題して、マブナを特集。これからの季節、誰もの心の中にある懐かしい土の匂いを感じながら、時を忘れて遊べるのが、昔ながらの小ブナ・マブナ釣り。たまにはほっこり、心安らぐ釣り場へ出かけてみよう。続いて、地磯は「足で釣るから満たされる地磯で、まんぷく」。アクセスしやすい堤防に比べ、混雑の少ない地磯。そこに至る道のりが険しい場所もあるが、自分の足でたどり着付いて、釣った時の達成感はひとしお。その魅力をとことん見ていきたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中