川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

みちのくヤマメ旅2

みちのくヤマメ旅2

つり人編集部=写真と文

向かった先は摺上川。
阿武隈川の支流である。

福島市在住の伊藤一美さんによると
ダム下でヤマメがよく釣れているという。

摺上川.jpg
ダム下の摺上川の流れ

取材の後、よし、ゼロ釣法を試してみよう
かと思ったが川虫が採れない!
さあ、困った。
と、撮影を終えた写真家の津留崎健さんは
いそいそとフライフィッシングの支度をはじめ
車止の目の前の瀬で、いきなり8寸クラスの
ヤマメをヒットさせた。

津留崎.jpg
魚、いるね~とご満悦の津留崎氏

ならば、と僕もテンカラタックルを用意して
いざ出陣。

流心脇のタルミに毛バリを落とすと、
いきなりガバッと出た。
ビックリして大アワセをくれると
あえなくアワセ切れ。
頭に血が上る。

その後も、出るには出るのだが、
ピーカンの真昼間だったためか警戒しているようで、
なかなか合わない。
ダム下のプールまで釣りあがると
ライズしているヤマメを発見。
パーマークまではっきりと見える。

抜き足、差し足で近づいて毛バリを振り込むも
1回目はシカト、2回目は驚いて少し後退。
3投目、見えているヤマメの後ろから
別のヤマメが出てきて食いついたが
あっ!と声を上げたまま体はまるで反応しない。

自分のヘボさ加減が情けなくなってきた4投目。
なにがそうさせたのか、見えているヤマメがまんまと食いついてくれた。
合わせると、ズシッというたしかな手ごたえ。

最高で~す!

手にしたのは25cmほどのパーマークのきれいな魚体。
写真を撮ろうとしたところスルスルと逃げられてしまったが
まあいいでしょう。

その後はイワナをキャッチし、
もう一発アワセ切れをしてしまった。

イワナすりかみ.jpg
摺上川のイワナ

あかはら.jpg
小型のアカハラ(ウグイ)まで飛びついてきた

ゼロ釣法も楽しいけど、
テンカラも楽しい。
釣りはなんでも楽しいなあと
津留崎さんとふたり、ニコニコ顔で帰路についた。




2007/5/30

2007/5 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年2月号

特集は「極小仕掛けの作り方からショップ紹介、釣り方まですべて掲載 冬タナゴ ここが気になる!」。小さな魚を、小さな仕掛けでねらってみる「粋」な釣り。買い物ガイドから、新作の小バリを使った実釣、各地の野のタナゴ釣りレポート、さらにこだわり仕掛けを自作するためのヒントまで今役立つ情報を網羅した最新版のタナゴ釣りガイド。第2特集は「ほっこり温まる冬のごちそう 編集部おすすめ 旨い! 釣魚鍋」。寒い冬はやっぱり鍋に限る。釣り人の特権である新鮮な魚を使って楽しもう! 編集部がおすすめする鍋を3つ紹介。そのほか「管理釣り場のルアー&テンカラ」、「どうすれば強い? PEの結び」など充実の内容でお届け。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中