毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

カメラマンが戦慄した滝壺の心霊写真

カメラマンが戦慄した滝壺の心霊写真

つり人編集部=写真と文
先日、青森県赤石川へ行ったときのことである。

今やブランドにもなっている金アユに舌鼓を打ち
日本酒やら焼酎やらビールをしこたま呑んで
あとは寝るだけという時になって
それまで赤ら顔で気持ちよさそうに酔っていた
Tカメラマンが急に真顔になった。

「そういえばさ、君は幽霊の存在って信じる?」
「えー、どうしたんすか急に。
まあ霊感はないと思いますけど、その手の話は好きですよ」
「そうか。実はこの取材の前に九州行ってたでしょ。
そこで滝の撮影をしたんだよ。宮崎県の五ヶ瀬川水系なんだけど
なかなか迫力ある写真が撮れたと思ったんだよね。
家に帰ってからパソコンに取り込んでみたら
写っているんだよ…」

「写ってるって、なにがですか?」
「霊だよ、霊。はんぱな数じゃないんだよ」
「マジっすかっ!!」
「実はさ、今その写真、パソコンに入ってるんだけど見る」

ゴックン…

見るとも言っていないのに
Tカメラマンはそろりと立ち上がり
部屋にマックブックを取りに行った。

数分後、神妙な面持ちで戻ってきた。

「これだけどさあ…」

ノートパソコンの画面に映し出されたのは
轟々という音が聞こえてきそうな
荘厳な滝の写真。
酔いが回っているのか、素晴らしい滝の写真にしか見えない。

「ほら、落ち武者みたいのがいっぱいいるだろう」
「え~、どこっすか?」

Tカメラマンはたまりかねて写真を拡大していく。

すると…

ギャ~!!!!!!!

そこは平家の落人伝説で有名な地。
1000年近く経った今も、
怨念は消えることがないのだろうか…

東北取材が無事に終了し
編集部で記事を製作。
原稿はすぐにあがったものの
Tカメラマンからの写真が送られてこない。
電話すると

「ゴメン、ゴメン。実はさ、あれからずっと高熱が続いてさ」
「え~っ、マジっすか。実は僕も下痢が止まらなくて…」

もっとも、僕の下痢は単なる食べ過ぎだったようだが
Tカメラマンの熱は心配だ。
しかも、右足首が異常に腫れていたのも気になる。

間もなく校了する月刊つり人9月号にも
「釣り人は見た! 水辺の怪談」
を収録しているので、興味のある方はどうぞ。

また、
水辺の怪談最恐伝説も好評発売中です




(山根)
月刊つり人×楽天コラボ企画はコチラ


2008/7/14

<< 2008/7 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中