川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

厚岸の糠サンマ

厚岸の糠サンマ

つり人編集部=写真と文

久しぶりに
家族そろっての夕食。

僕が家で夕食を食べられることを
隣人までが祝福してくれ、
差し入れを持ってきてくれた。

隣人の郷里は
牡蠣で有名な北海道の厚岸。
四季折々
厚岸の海の幸が田舎から送られてきて
我が家も、そのおこぼれを授かっている。

で、今夜はコレ。


厚岸名物、糠サンマ

晩秋に獲れたサンマを糠漬けにしたもの。
もともとは保存食だったのだが
近年はその旨さが知れ渡り
全国的に人気になりつつあるそうだ。

あまりに旨いので厚岸バアちゃん直伝の作り方を聞いた。

サンマは脂がギトギトに乗った9月のものよりも
晩秋の少し脂が落ちたもののほうがいいという。

内臓を取り出したサンマに塩をして2日間寝かせる。
2日後に塩を洗い落とし
もう一度、塩を振りなおして2日間寝かせる。
2日後にやはり塩を洗い落とし
一週間ほど糠に付ける。

この糠サンマは厚岸や根室、釧路地方に伝わるもので
だいたい春くらいまでは家庭で食べるのだとか。



糠から取り出したばかりの糠サンマ

今夜の夕食が力いっぱい旨かったのは
久しぶりに子供と会話しながら食べられたからか
糠サンマがあったからなのか、どっちだろう。
(山根)


2009/1/31

<< 2009/1 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

最新号 2019年4月号

特集は『渓流釣りなんでもQ&A』。これから始めたい入門者から、もう一歩上へのステップアップを果たしたい中級者まで、今号は、みんなに役立つ「渓流釣り」の悩み解決を大特集。宝石のようなヤマメやイワナが、いよいよ動きだす季節。楽しき渓流ワールドへ、読んでスッキリの回答で案内。
そのほか、岩手県・岩洞湖のワカサギ釣り、これから好機を迎える投げ釣りでねらうカレイ、へっぽこ編集部員が名手に弟子入りするタナゴ釣り道場など旬の釣りをお伝え。今号から短期で連載がスタートする「池の水ぜんぶ“は”は抜くな!」も必見。第1回は池田清彦先生に外来種問題の現在を聞いた。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中