編集部


最近の投稿

魚種別釣りガイド

冷蔵庫の食品をエサにハゼ釣りチャレンジ 後編

アオイソメが手に入らない環境でハゼを釣りたくなったとき、食品エサはまさに特エサになる可能性も秘めている。9月に入って、秋の彼岸を迎えるとミニハゼたちも8cm以上に育ち、中には10~13cmの良型が混じる。そうなれば食品エサのハリ掛かり率も高まるだろう。

編集部 2022年8月20日

冷蔵庫の食品をエサにハゼ釣りチャレンジ 前編

季節は夏ハゼから秋の彼岸ハゼに移ろい、陸っぱりハゼ釣りの絶好機が続く。定番エサはアオイソメだが、最近では本来はおかずやおつまみの食品類をエサに楽しむファンが増加中。小物釣り大好きな釣輪具雑魚団の旧友たちも興味津々で江戸川放水路の桟橋に集合した。顛末やいかに。

編集部 2022年8月20日

まだ間に合う! 釣りに行くだけでできる夏休み自由研究/ハゼ釣り編&オイカワ・ウグイ釣り編

私たちが釣りに行く水辺は自然科学の教科書と言ってもいいほど多くの発見に溢れています。そこで、釣りに行ったついでに挑戦できる自由研究ネタを集めてみました。

編集部 2022年8月19日

【ルアー】ウロハゼ釣り入門・後編【ウロハゼとマハゼの違いとは】

ハゼ釣りの素朴な疑問が解消されること間違いなし。子どもや友人とハゼ釣りを楽しみませんか?

ウロハゼを知っていますか?。

文◎編集部
この記事は2021年つり人10月号の記事を再編集しています

編集部 2022年8月19日
もっと読む

全国おすすめ釣り場

【動画公開】プロ野球・和田一浩:磯釣りチャレンジ・佐渡島/磯の王者「イシダイ」を追う!

日本では沖縄本島に次ぐ面積を持つ島、佐渡島。対馬海流が流れる海域は魚影に富み、言わずと知れた釣りのメッカだ。しかし、磯のイシダイ釣りに関してはほとんど情報がない。噂によると、70㎝がいるとかいないとか。ひょっとすると、すごいことになるかもしれない。この自然豊かなフィールドに訪れた、プロ野球界のレジェンド・和田一浩さん。果たして、佐渡のイシダイに出会うことができるのか!?

編集部 2022年7月29日

北海道・支笏湖のブラウントラウト。夏のシケーダ(蝉)パターン解説【フライフィッシング】 後編

シケーダパターンの釣りでは、浮かべたまま待つ「ほっとく派」と、たまにチョンと動かす「誘う派」がいる。浮かべる位置がやはり重要になるが、カケアガリの少し手前という意見が多い。特に水面の虫を捕食するブラウントラウトは、かなり岸際を泳いでいる。「フライが岸に着くまで待つ」という人もいるほどで、実際に岸際で釣れることもある。

編集部 2022年7月15日

北海道・支笏湖のブラウントラウト。夏のシケーダ(蝉)パターン解説【フライフィッシング】 前編

6~7月は、一年で最も支笏湖がにぎわうシーズン。フライフィッシャーの目当ては、水面に浮いたエゾハルゼミを捕食するトラウトだ。静かな湖面が突然爆発する興奮を味わうと、たとえ数日間アタリもライズもない日が続いても、やっぱり湖岸に立ちたくなる。

編集部 2022年7月15日

北海道・朱太川の鮎釣り/札幌から近くビギナーも釣りやすい 後編

北海道で注目度がじわじわと上昇中の鮎友釣り。近年は主要河川で総じて好調をキープ。初心者が挑戦しやすいシーズンが続いたのが追い風となり、ファンが少しずつ増えている。今夏のデビューを考えているなら、おすすめは朱太川だ!

編集部 2022年7月15日
もっと読む
もっと読む

美味しい鮮魚料理

【画像解説】うなぎ蒲焼きのレシピをさばき方からご紹介・後編【老舗うなぎ店】

「今日は奮発してウナギだ!」「ウナギをご馳走するよ」文字を見ただけで条件反射でヨダレが出る。そんな魚はウナギをおいてほかにないのではないか。老舗ウナギ料理店の大将に蒲焼きのレシピをさばき方から聞きました。

老舗ウナギ料理店の大将に蒲焼のレシピを聞きました

写真・文◎葛島一美
この記事は月刊つり人2021年9月号の記事を再編集しています

編集部 2022年8月2日

【画像解説】うなぎ蒲焼きのレシピをさばき方からご紹介・前編【老舗うなぎ店】

「今日は奮発してウナギだ!」「ウナギをご馳走するよ」文字を見ただけで条件反射でヨダレが出る。そんな魚はウナギをおいてほかにないのではないか。老舗ウナギ料理店の大将に蒲焼きのレシピをさばき方から聞きました。

老舗ウナギ料理店の大将に蒲焼のレシピを聞きました

写真・文◎葛島一美
この記事は月刊つり人2021年9月号の記事を再編集しています

編集部 2022年8月2日

『一生幸せになれる料理147お魚イラストレシピ大百科』の魅力 最終回(全2回)

長引くコロナの影響もあり、いっそう注目されている「家食(いえしょく)」の充実。小社から発売中の『一生幸せになれる料理147 お魚イラストレシピ大百科』が好評だ。釣りファンはもちろん、一般のお客さんに日々接している書店員さんからも「これは楽しいです」と多くの引き合いをいただいている。手に取れば〝幸せになる〟その特徴をご紹介したい。

イラストで楽しめる魚料理の本。

こちらの記事は月刊『つり人』2022年6月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

編集部 2022年4月27日

『一生幸せになれる料理147お魚イラストレシピ大百科』の魅力 第1回(全2回)

長引くコロナの影響もあり、いっそう注目されている「家食(いえしょく)」の充実。小社から発売中の『一生幸せになれる料理147 お魚イラストレシピ大百科』が好評だ。釣りファンはもちろん、一般のお客さんに日々接している書店員さんからも「これは楽しいです」と多くの引き合いをいただいている。手に取れば〝幸せになる〟その特徴をご紹介したい。

イラストで楽しめる魚料理の本。

こちらの記事は月刊『つり人』2022年6月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

編集部 2022年4月27日
もっと読む

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。