<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=170559842213036&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

編集部


最近の投稿

魚種別釣りガイド

管理釣り場で大物を狙うコツ│フィッシャーリゾートしょうばらで実際に狙ってみた

悠々と泳ぐあの大型トラウトを釣ってみたいと思う人は少なくないはず。西日本最大級の人気エリア、フィッシャーリゾートしょうばらでエリアトーナメンターでもある長田太一さんに大物のねらい方を教わった。

編集部 2024年3月5日

【管理釣り場】クリアポンドで苦戦しないルアーローテーション術

エリアトラウトはライトなタックルを用いてニジマスをはじめさまざまなマス類をねらう人気ジャンルだ。その抜群のゲーム性に多くのアングラーが魅了され、各地で数を競うトーナメントが盛んに行なわれている。そんな凄腕が凌ぎを削るトーナメントシーンで昨年頂点に立った杉山代悟さんが、ビギナーが苦戦しやすいクリアポンドで有効なルアーローテーション術を披露した。

エリアトラウトはライトなタックルを用いてニジマスをはじめさまざまなマス類をねらう人気ジャンルだ。その抜群のゲーム性に多くのアングラーが魅了され、各地で数を競うトーナメントが盛んに行なわれている。そんな凄腕が凌ぎを削るトーナメントシーンで昨年頂点に立った杉山代悟さんが、ビギナーが苦戦しやすいクリアポンドで有効なルアーローテーション術を披露した。

写真と文◎伊藤巧

編集部 2024年2月29日

ユーカリカップに潜入!初めてのエリアトラウトトーナメント│参加に必要なもの、ルール、醍醐味などがわかる!

周年開催されているがとりわけ冬期には毎週末のように開催されるトーナメント。興味はあるけれど、参加するのはちょっと不安というあなたに贈るベテランアングラーの山口昌裕さんからの回答集。

周年開催されているがとりわけ冬期には毎週末のように開催されるトーナメント。興味はあるけれど、参加するのはちょっと不安というあなたに贈るベテランアングラーの山口昌裕さんからの回答集。

回答者◎山口昌裕 写真◎編集部

 

山口昌裕(やまぐち・まさひろ)

オフィスユーカリのトラウトプロスタッフ。通称・監督。初めてのエリアトラウトはバーブ付きのトレブルフックが当たり前だった35 年ほど前に体験。トーナメントは2014 年の地方予選に2回出場し、翌年の第15 回トラウトキング選手権より本格的にトーナメントに参戦すると即座にトライアルで入賞しエキスパート戦進出(通算7 回進出)。最近の主な戦績は、トラウトキング選手権大会のペア戦優勝、チーム戦優勝、予選優勝など。大小の大会で年に5~6 回は表彰台に上がっている。

 

 

編集部 2024年2月28日

エステルラインによる東山湖攻略

今やエリアトラウトの定番と言えるエステル。トーナメンターの森田健太郎さんはエステルを使う釣りが9 割だと言う。そのメリットと活用法を教わった。

今やエリアトラウトの定番と言えるエステル。トーナメンターの森田健太郎さんはエステルを使う釣りが9 割だと言う。そのメリットと活用法を教わった。

写真と文◎編集部

編集部 2024年2月27日
もっと読む

全国おすすめ釣り場

フィッシングステージ彩の国リニューアルオープン!

多くの釣り人に親しまれてきたフィッシングステージ川越が2023年10月23日にリニューアルオープン。釣り方のコツやポイントのようすを調査した。

編集部 2024年3月1日

神奈川県/津久井湖 レンタルボートで楽しむワカサギ釣り

すっかり関東のデカサギ釣り場として定着してきた神奈川県津久井湖。12月からはドーム船も賑わうが、自分で操船して群れを探すレンタルボート派の人気も高い。

すっかり関東のデカサギ釣り場として定着してきた神奈川県津久井湖。12月からはドーム船も賑わうが、自分で操船して群れを探すレンタルボート派の人気も高い。

写真と文◎丸山剛

編集部 2024年2月21日

神奈川県/長井港出船 ヤリイカ釣り釣行記│お盆明けから春まで楽しめる

イカ釣りに魅了されると、春夏秋冬、いつでもイカ釣りに行きたくなる。味のよさならお墨付きのヤリイカはまだまだシーズン序盤!

イカ釣りに魅了されると、春夏秋冬、いつでもイカ釣りに行きたくなる。味のよさならお墨付きのヤリイカはロングランで楽しめる!

写真と文◎編集部

編集部 2024年1月25日

鳥取県/鳥取港出船 デカアジねらいのボートアジング釣行記

アジングというジャンルの最先端を行く藤原真一郎さんは人々の注目を集める前にそれを体験している。そして情報の発信源になっている。鳥取港のボートアジングも早くから通い込んでいたひとりだ。

アジングというジャンルの最先端を行く藤原真一郎さんは人々の注目を集める前にそれを体験している。そして情報の発信源になっている。鳥取港のボートアジングも早くから通い込んでいたひとりだ。

写真と文◎藤原武史

編集部 2024年1月24日
もっと読む

釣り場を守る 環境レポート

「ネオニコチノイド」を使わない水辺に優しい農業の可能性を探る/第1回 埼玉県川越市・髙梨農園のケースより

減農薬や無農薬栽培の普及には課題も多い。脱ネオニコに取り組む農家を取材し、無農薬栽培のリアルな現場をレポートするとともに、普及のために釣り人の立場で何ができるかを考えてみたい。今回は、埼玉県川越市で「耕福米」を生産している髙梨耕治さんの髙梨農園を取材した。

編集部 2024年2月2日

公益財団法人・日本釣振興会、淡水魚の情報を集めるアンケートを実施中。ぜひ協力を!

公益財団法人・日本釣振興会は、全国の淡水魚の動向を調査するためのアンケートを実施し、釣り人や自然に興味のある人からの回答を募集中だ。

編集部 2024年2月1日

我々は「手つかずの自然」を取り戻せるのか? :前編

人間の都合で持ってきた生きものを、同じく人間の都合で、今度は駆除する……。 外来種というのは、本当に駆除すべきワルモノなのか? 連載第2回では、外来種排除の流れが、いったい何を目指しているのかを考える。

数を増やしているタイワンリスは、農作物などへの被害が報告されている

編集部 2023年12月26日

自然に人の手を加えることの是非 「手助け」でもダメなのか? :前編

人間の都合で持ってきた生きものを、同じく人間の都合で、今度は駆除する……。 外来種というのは、本当に駆除すべきワルモノなのか?

短期集中連載 池の水ぜんぶ全部“は”抜くな! :第3回

つり人編集部=レポート

編集部 2023年12月26日
もっと読む

美味しい鮮魚料理

【レシピ】メバルの 手まり寿司【料理】

手まり寿司とはひとくちサイズの京都の寿司です。かわいい見た目でインスタ映えも間違いなし。

 

手まり寿司とはひとくちサイズの寿司です。舞妓さんが食す際に口紅などがつかないように作られたもので、京都でできた独自の料理と言われています。ここで紹介するのは「メバルの手まり寿司」
小型の身を使うと中骨もそのまま調理できてかわいい見た目でインスタ映えも間違いなし。

材料
  • 小型のメバル
  • ご飯
  • 寿司酢
  • 大葉

編集部 2024年2月8日

【レシピ】アジのピリ辛カルパッチョ【料理】

長ネギに甘辛い汁をタップリつけ、金アジに巻いて頂きます。お刺身からグレードアップ。ご飯にも、おつまみも合う最高の一品です
材料
  • アジ
  • 長ネギ
  • 醤油
  • 寿司酢
  • コチュジャン
  • ごま油
  • キザミニンニク

編集部 2024年2月8日

【レシピ】押し寿司の作り方【料理】

型さえあれば意外と簡単に作れる一品。白身魚を昆布締めにして作ってみよう!
材料
  • 白身魚(ここではヒラメを使用しました)
  • 立て塩(煮切り酒50c c、塩小さじ0.5の分量)
  • 昆布
  • 寿司飯(炊き立て白米2合に対して市販の寿司飯の素指定分量)
  • 青ネギの小口切り大さじ2〜3
  • ミョウガの細切り1本
  • ショウガのみじん切り小さじ2、白ゴマ大さじ1)
  • 木の芽
  • 甘酢ショウガ

編集部 2024年2月8日

【レシピ】チーズが香るタチウオのパン粉焼き【料理】

サクサクの衣とタチウオのふっくらとした食感は最高だ。シンプルな味付けでOK!
材料
  • タチウオ
  • パン粉
  • おからパウダー
  • チーズ
  • バジル
  • コショウ
  • オリーブオイル
  • マスタード
  • すりおろしニンニク

編集部 2024年2月8日
もっと読む

記事検索

  • 検索フィールドが空なので、候補はありません。

月刊つり人 最新号

つり人 2020年5月号

列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。