編集部


最近の投稿

魚種別釣りガイド

船のタチウオ釣り入門/テンビンタチウオ篇 第3回(全3回)

まずは船長の指示ダナまでオモリ(エサではなくオモリ)を落とし、その後ハリスの長さ分イトを巻き取る。これはハリスを張るための重要な工程。この動作を抜かしてしまうと、シャクリを入れてもエサに動きが伝わらずアタリが出にくくなってしまう。

編集部 2022年6月25日

船のタチウオ釣り入門/テンビンタチウオ篇 第2回(全3回)

エサの付け方は超重要。コノシロなどの切り身が配られるのでそれを使おう。身のセンターにハリがくることを心掛け、横から見たときに極力曲がらないように付ける。シャクったときにエサが回転してしまうとアタリが極端に出なくなってしまうのだ。

編集部 2022年6月25日

船のタチウオ釣り入門/テンビンタチウオ篇 第1回(全3回)

東京湾のタチウオ釣りでスタンダードな存在なのがテンビン釣り。魚の切り身を用いるエサ釣りだが、その動作はまるでルアーゲーム。シャクリのリズムや強さで恐ろしいほどの差が出る釣りなのだ。重要となるラインのセレクトからシャクリの極意まで、タチウオとの駆け引きを制する基本をお伝え!

編集部 2022年6月25日

【鮎釣り】梅雨明けに試したい鮎釣りの技「45グリ」

深瀬は攻めにくい。そこで小澤さんはいつもの背バリにオモリ0.8~1号をセットして引くのである。しかもサオを水面から45度くらいの角度にして、やや立て気味の構えで引く。いわゆる上方テンションの操作である。

編集部 2022年6月24日
もっと読む

全国おすすめ釣り場

【東京湾・横浜】ボート+ノベ竿のクロダイゲーム 後編

釣り場は鶴見川と帷かたびら子川の間に挟まれた横浜周辺の港湾部エリア。シーバス用ボートの機動力を生かし、橋脚、ブイ、岸壁、係留中の台船といった、クロダイの付き場になりそうなポイントを次々とチェックしていく。するとあちこちに目視できる魚影が現われる。

編集部 2022年6月24日

【東京湾・横浜】ボート+ノベ竿のクロダイゲーム 前編

港湾部のクロダイ釣りといえば、岸壁に沿って歩きながら、一定間隔ごとにエサを落とし込んでいく、落とし込み釣り(ヘチ釣り)が昔からの人気メニュー。そんなやり取りを、誰でもより手軽に体験できるのが、ノベザオを使ったボートからのアプローチだ。盛んにエサを捕食するこれからの季節のクロダイは、1本ザオで掛けると抜群の力強さを見せる。

編集部 2022年6月24日

千葉県/九十九里・栗山川河口のクロダイ&キビレ カニエサの前打ちでねらう! 後編

釣り方はサオいっぱいにラインを出し、できる限り流心に向けて振り込む。着底したらサオ先に神経を集中して、エサが川底を這うようにごくゆっくりと引いては止めてを繰り返す。

編集部 2022年6月11日

千葉県/九十九里・栗山川河口のクロダイ&キビレ カニエサの前打ちでねらう! 前編

九十九里海岸に流れ込む栗山川はクロダイやキビレの魚影が豊富なことで有名だ。クロダイたちの常食であるカニ類をエサに前打ちでねらう。ひとたび掛ければ疾走が楽しめる。

編集部 2022年6月11日
もっと読む
もっと読む

美味しい鮮魚料理

『一生幸せになれる料理147お魚イラストレシピ大百科』の魅力 最終回(全2回)

長引くコロナの影響もあり、いっそう注目されている「家食(いえしょく)」の充実。小社から発売中の『一生幸せになれる料理147 お魚イラストレシピ大百科』が好評だ。釣りファンはもちろん、一般のお客さんに日々接している書店員さんからも「これは楽しいです」と多くの引き合いをいただいている。手に取れば〝幸せになる〟その特徴をご紹介したい。

イラストで楽しめる魚料理の本。

こちらの記事は月刊『つり人』2022年6月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

編集部 2022年4月27日

『一生幸せになれる料理147お魚イラストレシピ大百科』の魅力 第1回(全2回)

長引くコロナの影響もあり、いっそう注目されている「家食(いえしょく)」の充実。小社から発売中の『一生幸せになれる料理147 お魚イラストレシピ大百科』が好評だ。釣りファンはもちろん、一般のお客さんに日々接している書店員さんからも「これは楽しいです」と多くの引き合いをいただいている。手に取れば〝幸せになる〟その特徴をご紹介したい。

イラストで楽しめる魚料理の本。

こちらの記事は月刊『つり人』2022年6月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

編集部 2022年4月27日

絶品を釣る!冬のおすすめ魚料理 ~長崎県男女群島・アラの空揚げ編~

冬になると思い出すあの味。寒さが極まるほど旨くなる魚。この時期ならではの釣りの楽しさ。とっておきの寒の味はまさに十人十色。今回は佐賀県鹿島市の「マブナのふなんこぐい」をご紹介します。

旨味を含んだ脂が口一杯に広がる上品な味わい

解説◎常岡絋次(つねおか・こうじ)
この記事は月刊つり人2021年3月号の記事を再編集しています

編集部 2022年1月11日

絶品を釣る!冬のおすすめ魚料理 ~ 佐賀県鹿島市・マブナのふなんこぐい編~

冬になると思い出すあの味。寒さが極まるほど旨くなる魚。この時期ならではの釣りの楽しさ。とっておきの寒の味はまさに十人十色。今回は佐賀県鹿島市の「マブナのふなんこぐい」をご紹介します。

脂が乗った上身とポン酢の相性抜群!薬味のニンニクで箸が止まらない

解説◎田代俊一郎(たしろ・しゅんいちろう)
この記事は月刊つり人2021年3月号の記事を再編集しています

編集部 2022年1月10日
もっと読む

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。