編集部


最近の投稿

魚種別釣りガイド

茨城県/北浦周辺 小ブナを釣ろう!ホソの巡り方その3(最終回)

いよいよ冬将軍が到来し気温とともに魚の活性も日に日に低下していく。状況は悪くても小ブナに会いたい! 寒い時期でも魚が集まるポイントを坂本和久さんと巡った。

小ブナを求めてあちらにこちら

写真と文◎編集部

この記事は月刊つり人2021年2月号の記事を再編集しています

編集部 2021年12月6日

茨城県/北浦周辺 小ブナを釣ろう!ホソの巡り方その2(全3回)

いよいよ冬将軍が到来し気温とともに魚の活性も日に日に低下していく。状況は悪くても小ブナに会いたい! 寒い時期でも魚が集まるポイントを坂本和久さんと巡った。

小ブナを求めてあちらにこちら

写真と文◎編集部

この記事は月刊つり人2021年2月号の記事を再編集しています

編集部 2021年12月6日

茨城県/北浦周辺 小ブナを釣ろう!ホソの巡り方その1(全3回)

いよいよ冬将軍が到来し気温とともに魚の活性も日に日に低下していく。状況は悪くても小ブナに会いたい! 寒い時期でも魚が集まるポイントを坂本和久さんと巡った。

小ブナを求めてあちらにこちら

写真と文◎編集部

この記事は月刊つり人2021年2月号の記事を再編集しています

編集部 2021年12月6日

霞ヶ浦の陸っぱりワカサギ釣り入門 その2(最終回)

関東エリアにおける淡水魚の宝庫、霞ヶ浦。小もの釣りファンにとってタナゴとフナ釣り場として大人気だが、全国的にも有数の漁獲高を誇るワカサギをお忘れなく。 水温が低下し、産卵を意識した魚が大量に接岸してくる。12月末から禁漁期を迎える1 月20 日までの約1ヵ月間が陸っぱりワカサギ釣りの最盛期だ。寒空に銀鱗を輝かす霞ヶ浦の宝石と遊ぼう。

霞ヶ浦の宝石と遊ぼう

写真と文◎葛島一美

この記事は月刊つり人2021年2月号の記事を再編集しています

編集部 2021年12月6日
もっと読む

全国おすすめ釣り場

茨城県/北浦周辺 小ブナを釣ろう!ホソの巡り方その3(最終回)

いよいよ冬将軍が到来し気温とともに魚の活性も日に日に低下していく。状況は悪くても小ブナに会いたい! 寒い時期でも魚が集まるポイントを坂本和久さんと巡った。

小ブナを求めてあちらにこちら

写真と文◎編集部

この記事は月刊つり人2021年2月号の記事を再編集しています

編集部 2021年12月6日

茨城県/北浦周辺 小ブナを釣ろう!ホソの巡り方その2(全3回)

いよいよ冬将軍が到来し気温とともに魚の活性も日に日に低下していく。状況は悪くても小ブナに会いたい! 寒い時期でも魚が集まるポイントを坂本和久さんと巡った。

小ブナを求めてあちらにこちら

写真と文◎編集部

この記事は月刊つり人2021年2月号の記事を再編集しています

編集部 2021年12月6日

茨城県/北浦周辺 小ブナを釣ろう!ホソの巡り方その1(全3回)

いよいよ冬将軍が到来し気温とともに魚の活性も日に日に低下していく。状況は悪くても小ブナに会いたい! 寒い時期でも魚が集まるポイントを坂本和久さんと巡った。

小ブナを求めてあちらにこちら

写真と文◎編集部

この記事は月刊つり人2021年2月号の記事を再編集しています

編集部 2021年12月6日

東京都/荒川 シーバス「ビッグベイト」チャレンジ!その2(最終回)

ビッグベイトでシーバスを釣りたい。なぜなら夢があるからだ。 舞台はコノシロの接岸で沸く東京の都市河川。 “こんなに大きなルアー本当に食うのかな?”という半信半疑な気持ちと、 “でかい魚が食うに違いない”という期待を抱きながら、会社帰りにビッグベイトチャレンジ!

都市河川で感じた、ビッグフィッシュドリーム

写真と文◎編集部

この記事は月刊つり人2022年1月号の記事を再編集しています

編集部 2021年12月1日
もっと読む
もっと読む

美味しい鮮魚料理

美味しい鮎の味わい方!「和良鮎」で体感!

夏の川を代表する味覚といえば鮎。中でも「清流めぐり利き鮎会」で4度のグランプリを獲得し、注目を集めているのが岐阜県和良川(わらがわ)の「和良鮎」だ。6月上旬、世界的なソムリエの田崎真也さん、人気アングラーの秋丸美帆さん、秦拓馬さんをゲストに迎え、鮎の魅力や美味しい食べ方を体感する会を実施。新鮮な驚きも広がったその模様をお伝えしたい。

編集部 2021年7月21日

『首都圏日帰り地魚食堂38選』1月下旬発売!

釣り好き・さかな好きの著者と、さかな好き・酒好きカメラマンのコンビが、並々ならぬ嗅覚で次々に美味なる“地魚食堂”を探訪していく。大小の港町とその周辺には、地の海の食材をおいしく食べさせてくれる、地元の人たちに愛されるお店がきっとある。それらの隠れた名店を、料理はもちろんお店の歴史や主人の人となりとともに紹介。

編集部 2021年1月20日

編集部おすすめの魚料理グッズ「骨抜き達人Ⅲ」インプレ!

魚の血合骨、何で抜いていますか? 毛抜きタイプに使い慣れていたところ、モノは試しにと渡されたのが、一見プライヤーのようなミニ工具。これがなかなか、イイんです。「骨抜き達人Ⅲ」で貴重な釣果を余さず頂きます。

貴重な釣果を余さずいただきます!

写真・文◎編集部

編集部 2021年1月14日

【動画】釣ったアジを美味しく締めて3枚おろし/釣り好きシェフが実演!

都内の人気イタリアンのオーナーシェフで休日には船釣りを愛好する最上翔さんが、船上での効果的なアジの締め方と持ち帰ったアジの基本の3枚おろしを実演します。 (ロケ地 締め方:東京湾横浜沖/さばき方:東京都渋谷区「ドーロ ハツダイ」)

月刊『つり人』2020年12月号連動動画

編集部 2020年10月22日
もっと読む

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。