カテゴリー

シーバス釣り/バチ抜けワーミングで入れ食い間違いなし!

編集部 2017年2月24日

サイズは選べないものの、アタリの数は圧倒的! 慌てて合わせる必要もないバチ抜けワーミングは今が旬

おすすめ時期:1~3月

つり人編集部=写真と文

タナゴ・クチボソ・マブナ釣り/小もの仕掛けで何でもトライ!

編集部 2017年2月24日

春は魚たちがいっせいに動きだす季節。 最近はブーム的な人気もあって、タナゴ全盛の感もあるものの、つぶらな瞳の他魚にも劣らぬ魅力がある。 小もの釣り入門者の『つり人』編集長が、肩肘張らない癒しの釣りをご案内。

おすすめ時期:周年

つり人編集部=写真と文

アマダイ釣り/シンプルな仕掛けでビギナーにも

編集部 2017年1月25日

シケ後の底荒れした状況から値千金のアマダイを釣りあげたのは石崎理恵さん ビギナー・ファミリーでも楽しめる釣りレジャー番組「J:COM釣りたいっ!」のロケの模様も交えて、釣船の魅力と帰宅後に楽しめる、お手軽一品料理のレシピをプロの料理研究家がお伝え! 今回のターゲットは高級魚のアマダイ。 これを食せるのは釣り人の特権と言ってもよいだろう!

おすすめ時期:1~2月

山口 充 レポート

ヤマベ(オイカワ)・カワムツ釣り/都市河川でお手軽フライフィッシング

編集部 2017年1月25日

身近な都市河川に泳ぐコイ、ヤマベ、カワムツ。 身近な魚もアプローチを変えると、異なる釣趣に目覚めるもの。 ここで紹介するのはフライフィッシング。 毛バリを巻いたり、キャスティングを覚えたりと、専門的な技術が必要な一面もあるが、都市河川を泳ぐコイ科の魚は難しいことを覚えずとも釣果が出やすい。 お手軽に水面に飛び出る魚たちの興奮が味わえてしまうのだ。

おすすめ時期:1~3月

...

ワカサギ釣り/桟橋からねらえる15㎝オーバー

編集部 2017年1月25日

近年盛り上がりを見せている関西のワカサギシーン。 生野銀山湖は昔からワカサギフリークを魅了してきた。 その訳はなんといっても釣れるサイズ。 10 ㎝クラスはいざ知らず、15 ㎝オーバーのメガサギがねらえる!

おすすめ時期:1~3月

つり人編集部=写真と文

メジナ釣り/名手に訊く!仕掛けの操作

編集部 2017年1月10日

どこでメジナを食わせるか。競技会で活躍する名手は千変万化する海を前に迅速にポイントを見極める。大分県佐伯市に住む田中修司さんもそうだ。潮流と風が複雑な自然条件で、仕掛け選択、コマセワーク、ライン操作を的確に行なう。さらなる1尾、そして良型を引き出していく釣りの組み立ては鮮やかだ。

おすすめ時期:12~1月

つり人編集部=写真と文

ルアー五目釣り/世界が広がる!レンタルボート活用法

編集部 2017年1月8日

海のレンタルボートといえば、手漕ぎもしくは小さな船外機の付いた平船和船がほとんど。 だが、本格的なプレジャーボートを、実にお得な料金で借りられるシステムがある。 会員制のヤマハマリンクラブ「シースタイル」だ。

おすすめ時期:12~1月

つり人編集部=写真と文

マダイ釣り/軽めの仕掛けで手軽にチャレンジ

編集部 2016年12月9日

ビギナー・ファミリーも楽しめる釣りレジャー番組「J:COM釣りたいっ!」のロケの模様も交えて、船でねらうマダイ釣りの魅力をご紹介。 よろしくお願いいたします!

おすすめ時期:12~1月

山口 充 レポート

ウキフカセ釣り/釣り好き生物学者に学ぶメジナ生態学

編集部 2016年12月9日

「クチブトメジナは根を釣れ、オナガメジナは潮を釣れ」とは、ウキフカセファンにはお馴染みの格言である。そもそもなぜこのように性質が異なるのか? 生態の基本を、根っからの釣り人でもある生物学者の海野徹也さんが教えてくれた。

おすすめ時期:12~1月

海野徹也(広島大学大学院・生物圏科学研究科准教授) 解説

タナゴ釣り/グルテンエサの使いこなしを名人に訊きました

編集部 2016年12月8日

年末年始、手軽な場所で遊べないか?という向きには、釣り掘で楽しむタナゴはいかがだろう。 手返しよく、連続ヒットを味わいたい。

おすすめ時期:12~1月

つり人 写真と文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!