カテゴリー

複合メタルラインを使って繊細にオトリアユを泳がせる方法

編集部 2019年6月13日

ポイントを選ばず探れる複合メタルで、繊細にオトリアユを泳がす山本高義さん。 理想の泳がせポジションは、正面から上流45度までの間。 上飛ばし操作の極意を解禁間もない藁科川で見た。

山本高義さんに学ぶ上飛ばしコントロールの極意

編集部◎文・写真 頻繁に立ち位置を変えてサオとイトの角度も微調整。ポイントを選ばず探れる複合メタルで、繊細にオトリアユを泳がす山本高義さん。...

初夏の堤防は竿1本で楽しめる! 仕掛けを替えていろんなターゲットをねらってみよう :第3回

編集部 2019年6月12日

海釣り入門に最適なのが堤防だが、ターゲットに合わせたタックルや寄せエサを揃えるのは大変。そこで、誰でも手軽にチャレンジできるようにサオ1本で楽しめる堤防フィッシングをお教えしよう!

砂地にチョイ投げでシロギスをねらう!

写真と文◎時田眞吉

初夏の堤防は竿1本で楽しめる! 仕掛けを替えていろんなターゲットをねらってみよう :第2回

編集部 2019年6月11日

海釣り入門に最適なのが堤防だが、ターゲットに合わせたタックルや寄せエサを揃えるのは大変。そこで、誰でも手軽にチャレンジできるようにサオ1本で楽しめる堤防フィッシングをお教えしよう!

藻場を見つければアオリイカのチャンス! 餌木のただ引きも効果的

写真と文◎時田眞吉

初夏の堤防は竿1本で楽しめる! 仕掛けを替えていろんなターゲットをねらってみよう :第1回

編集部 2019年6月10日

海釣り入門に最適なのが堤防だが、ターゲットに合わせたタックルや寄せエサを揃えるのは大変。そこで、誰でも手軽にチャレンジできるようにサオ1本で楽しめる堤防フィッシングをお教えしよう!

朝マヅメは、サビキ仕掛けでアジ釣りがオススメ!

写真と文◎時田眞吉

ダイワ鮎マスターズV3・瀬田匡志さんに訊く! アユ釣り1問1答 :第4回

編集部 2019年5月31日

瀬田さんはアユ釣り競技会屈指のアスリートである。高い身体能力と勝負強いメンタル。計算された試合運びは盤石の強さを誇る。一方で気さくでアユ釣りが大好きな趣味人でもあり、どんな質問でも明快に答えてくれる。

トーナメントに出場する際のアドバイス

解説◎瀬田匡志

ダイワ鮎マスターズV3・瀬田匡志さんに訊く! アユ釣り1問1答 :第3回

編集部 2019年5月30日

瀬田さんはアユ釣り競技会屈指のアスリートである。高い身体能力と勝負強いメンタル。計算された試合運びは盤石の強さを誇る。一方で気さくでアユ釣りが大好きな趣味人でもあり、どんな質問でも明快に答えてくれる。

キャスティングと引き抜きについて

解説◎瀬田匡志

ダイワ鮎マスターズV3・瀬田匡志さんに訊く! アユ釣り1問1答 :第2回

編集部 2019年5月29日

瀬田さんはアユ釣り競技会屈指のアスリートである。高い身体能力と勝負強いメンタル。計算された試合運びは盤石の強さを誇る。一方で気さくでアユ釣りが大好きな趣味人でもあり、どんな質問でも明快に答えてくれる。

瀬釣りの対策。オモリの打ち方やねらうべきポイントについて

解説◎瀬田匡志

ダイワ鮎マスターズV3・瀬田匡志さんに訊く! アユ釣り1問1答 :第1回

編集部 2019年5月28日

瀬田さんはアユ釣り競技会屈指のアスリートである。高い身体能力と勝負強いメンタル。計算された試合運びは盤石の強さを誇る。一方で気さくでアユ釣りが大好きな趣味人でもあり、どんな質問でも明快に答えてくれる。

今さら聞けない基本と、解禁初期の対策

解説◎瀬田匡志

テナガエビ、コイ、ナマズ、ウナギ。多摩川で釣りをしてみよう!

編集部 2019年5月24日

これから好機を迎えるテナガエビの季節には、他の川魚たちも活気づく。朝から夕マヅメまで1日完全燃焼プランで大都会の川を遊んでみるのはいかが?

首都圏を流れる母なる川を、朝から夕まで遊びつくす

編集部◎レポート これから好機を迎えるテナガエビの季節には、他の川魚たちも活気づく。朝から夕マヅメまで1日完全燃焼プランで大都会の川を遊んでみるのはいかが?

水辺キャンプのおすすめアイテム9選 :調理器具&コーヒーグッズ編

編集部 2019年4月16日

今年のゴールデンウイークは10連休! 二度とあるかどうかわからないスペシャルウイークです。 そんなGWはキャンプデビューにももってこい。 ここではキャンプに必要なアイテムの選び方と、アイテム別のおすすめモデルを佐久間亮介さんに紹介してもらいました。

ゴールデンウイーク10連休! キャンプデビューの準備はOK?

解説◎佐久間亮介

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!