川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

海藻で魚を釣る

海藻で魚を釣る

つり人編集部=写真と文



う~、寒ぃッ。

年に数回しか釣りをしない人にとって
冬場はオフシーズンかもしれないが
年中、釣りのことしか頭にない釣りバカには
冬もまた楽しい季節なのだ。

冬の到来を察知して
ぼくが真っ先に
「あ~早く釣りに行きてえ」
と思うのは
メジナである。

磯釣りで今
一番人気のあるターゲットだ。

本格的にメジナ釣りをするなら
黒潮洗う離島や
船で渡る沖磯がいいが
東京近郊でも
三浦半島や房総半島、伊豆半島の
堤防や地磯でもねらえる。

ただ
正直言って、オキアミエサだと小型は釣れても
大型はビギナーには簡単に釣れない。
フグやスズメダイ、ネンブツダイ、ウミタナゴ
といった外道が
オキアミをすぐに取ってしまうのだ。

ぼくが最近ハマっているのはノリエサ。
ノリエサをエサにして
三浦半島で40センチオーバーのメジナを
何尾か手にしている。
もちろん、房総半島、伊豆半島でも。
ノリエサだと
エサ持ちがとってもいいのだ。

ノリエサでメジナを釣るのは
関東周辺だけだと思う。
昔、伊豆半島の田子~雲見にかけて
ノリクシロと呼ばれる釣法があった。

クシロとは伊豆半島のメジナの地方名。
ノリクシロとは
ノリエサでのメジナ釣りのことで
オキアミエサが流通する前は
特に西伊豆で盛んに行なわれていたという。

メジナが好むのはアオサノリだ。
アオサノリによく似たノリでハンバノリがある。
しかし、ハンバノリを使っても
メジナはあまり釣れない。

不思議と
ハンバノリだと
メジナによく似たイズスミが釣れるのだ。

これから1月にかけては
ヒジキをエサにしたブダイ釣りも伊豆では人気だ。
ブダイもハンバノリでは釣れるが
アオサノリでは釣ったことがない。

悪食なのがアイゴで
これはアオサノリでもハンバノリでも釣れる。

まあ
釣りをあんまりしない人には
ノリ(海藻)で魚が釣れるなんて
信じてもらえないかもしれないけど…
(山根)

2009/11/17

<< 2009/11 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…

おすすめ記事

釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年11月号

「これで分かる! 秋の素朴な釣り 始め方Q&A」。暑さが一段落し、どこかほっとすると、心癒される身近な釣りに出かけたくなる。タナゴ、マブナ、オイカワ、ワカサギ、コイ、ハゼ。今号の特集は、行きたい水辺がきっと見つかるシンプルで奥深い釣りのベーシック集。その釣りの基本的な知識、道具選び、仕掛け作り、釣り方、生態などを幅広く紹介。 そのほか、秋シーズンを迎えたカワハギ釣り、タチウオ入門、キハダマグロ挑戦記、秋磯入門などをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中