川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

海藻で魚を釣る

海藻で魚を釣る

つり人編集部=写真と文



う~、寒ぃッ。

年に数回しか釣りをしない人にとって
冬場はオフシーズンかもしれないが
年中、釣りのことしか頭にない釣りバカには
冬もまた楽しい季節なのだ。

冬の到来を察知して
ぼくが真っ先に
「あ~早く釣りに行きてえ」
と思うのは
メジナである。

磯釣りで今
一番人気のあるターゲットだ。

本格的にメジナ釣りをするなら
黒潮洗う離島や
船で渡る沖磯がいいが
東京近郊でも
三浦半島や房総半島、伊豆半島の
堤防や地磯でもねらえる。

ただ
正直言って、オキアミエサだと小型は釣れても
大型はビギナーには簡単に釣れない。
フグやスズメダイ、ネンブツダイ、ウミタナゴ
といった外道が
オキアミをすぐに取ってしまうのだ。

ぼくが最近ハマっているのはノリエサ。
ノリエサをエサにして
三浦半島で40センチオーバーのメジナを
何尾か手にしている。
もちろん、房総半島、伊豆半島でも。
ノリエサだと
エサ持ちがとってもいいのだ。

ノリエサでメジナを釣るのは
関東周辺だけだと思う。
昔、伊豆半島の田子~雲見にかけて
ノリクシロと呼ばれる釣法があった。

クシロとは伊豆半島のメジナの地方名。
ノリクシロとは
ノリエサでのメジナ釣りのことで
オキアミエサが流通する前は
特に西伊豆で盛んに行なわれていたという。

メジナが好むのはアオサノリだ。
アオサノリによく似たノリでハンバノリがある。
しかし、ハンバノリを使っても
メジナはあまり釣れない。

不思議と
ハンバノリだと
メジナによく似たイズスミが釣れるのだ。

これから1月にかけては
ヒジキをエサにしたブダイ釣りも伊豆では人気だ。
ブダイもハンバノリでは釣れるが
アオサノリでは釣ったことがない。

悪食なのがアイゴで
これはアオサノリでもハンバノリでも釣れる。

まあ
釣りをあんまりしない人には
ノリ(海藻)で魚が釣れるなんて
信じてもらえないかもしれないけど…
(山根)

2009/11/17

<< 2009/11 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

最新号 2019年4月号

特集は『渓流釣りなんでもQ&A』。これから始めたい入門者から、もう一歩上へのステップアップを果たしたい中級者まで、今号は、みんなに役立つ「渓流釣り」の悩み解決を大特集。宝石のようなヤマメやイワナが、いよいよ動きだす季節。楽しき渓流ワールドへ、読んでスッキリの回答で案内。
そのほか、岩手県・岩洞湖のワカサギ釣り、これから好機を迎える投げ釣りでねらうカレイ、へっぽこ編集部員が名手に弟子入りするタナゴ釣り道場など旬の釣りをお伝え。今号から短期で連載がスタートする「池の水ぜんぶ“は”は抜くな!」も必見。第1回は池田清彦先生に外来種問題の現在を聞いた。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中