川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

世界が認めたサムライ・カープアングラー

世界が認めたサムライ・カープアングラー

つり人編集部=写真と文

このところ新刊の紹介コーナーのようになっていますが
今日もとっておきの新刊をひとつ。

全国のコイ釣りファンならずとも
釣り好きの方にはぜひ読んでいただきたいのが
昨日発売になったCarpFishing



コイ釣りファン注目の新釣法
ボイリーフィッシングを中心にした
ニュースタイルのコイ釣りマガジンで
今号が5号目になります。

特集は昨夏にフランスで開催された
コイ釣りの国際大会
WCC(ワールド・カープ・クラシック)です。

意外に知られていないのですが
実は欧米で最も盛んな釣りは
カープフィッシングで、
特に盛んな西欧では釣り人口の6~7割が
コイ釣りファンといわれてるんです。

国際大会もいくつか行われており
その中で最も権威がるのが
WCCというわけです。
ちなみに、昨夏の大会には
イギリス、フランス、ドイツ、スペイン
アメリカ、南アフリカ、チェコなど
世界各地から21カ国が参加しました。

そのWCCに日本人として初めて出場した
宍戸則夫さん、染谷修平さんの奮戦の模様を
余すところなく収録しました。

欧米のアングラーたちは
日本のコイ釣りの知識はほとんどないのですが
錦鯉や浮世絵といった日本のコイ文化には精通していて
日本チームは予期せぬ歓待を受けました。
各国からテレビや雑誌、WEBの取材が来ており
日本チームはその格好のターゲット。

実際、大会では初めてのヨーロッパ釣行にもかかわらず
宍戸・染谷チームは4尾をキャッチし
130チーム中16位にランクイン。
初出場で20位以内に食い込んだチームは
かつてなかったということで
閉会式でも称賛の嵐。

日本チームはどのようにフランスのマディーヌ湖を攻略したのか。
そして、コイ釣りの国際大会はどのようなものなのか。
ぜひともCarpFishingをご覧ください。

このほかにも
福安佳秀さんの多摩川攻略方法や
130センチの太郎鯉伝説など
専門誌ならではの記事が満載。

このボリュームをラーメンに当てはめるとすれば
ラーメン二郎神田神保町店の
小豚野菜マシマシ
といったところでしょうか。
(なんでラーメンなんだ?)



(山根)

2010/1/26

<< 2010/1 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…

最新号 2019年5月号

特集は『タナゴ マブナ クロダイ ウミタナゴ カレイ……春のワクワク釣り場完全ガイド「堤防・小磯」&「湖沼」』。春タナゴ&乗っ込みマブナ入門、乗っ込みマブナ釣り場、タナゴウキの浮力実験、アジのカゴサビキ釣り入門、アジ釣り場紹介、三浦半島ドローン釣り場……などを掲載。陽光が日ごとまぶしさを増す季節。身近な海や水郷のあぜ道に繰り出せば、きらきらと銀鱗を輝かせる元気な魚たちが、春の目覚めとともに命の躍動を伝えてくれる。家族と、友人と、たっぷり遊んで満ち足りる一日。貴方・貴女の「行きたい!」はどれですか? そのほか、バチ抜けシーバス入門、桂川支流鶴川のヤマメ釣り、渓流ファン5人による解禁レポートなどをお届け。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中