毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

天然アユを食べさせてくれるお店

天然アユを食べさせてくれるお店

つり人編集部=写真と文

アユシーズンが始まり
編集部員がアユの取材に行き始めた。

まだ東北地区は解禁していないが
取材報告や各地の釣果速報からして
今年はやはり、春の寒さが災いしてか
アユの型がとても小さいようだ。

ただし、数は例年よりも多いということろが大半。
今日のようの照り込みが続いてくれれば
アユも一気に大きくなると思うのだが。

さて、どうやらぼくには徳がないようで
「初アユ食べたいなあ」
と毎日のように言っているのに
編集部員はちっともアユを持ってきてくれない。

というわけで
昨日は待ち切れずに
新橋の鮎正に行ってきました。

鮎正さんは以前
月刊つり人でも取材をさせていただいたことがある名店。
おそらく、都内で天然アユを看板に掲げているお店は
鮎正さんくらいではなかろうか。

メインの仕入れ先は
アユ釣りファンの間では有名な
島根県の高津川。
だが、今年のように型が小さいと一か所だけで賄うことができず
他の川からも仕入れているという。

ただ、放流されて間もないようなアユは
決して使わないのが店主のポリシー。
天然か放流かは、腹を裂いて脂を見れば一目瞭然だという。

昨夜は
天然アユのフルコースをいただきました。


アユはなんといっても塩焼きでしょう


これぞ珍味中の珍味、アユの苦ウルカ


仕上げは鮎飯

これはほんの一部の料理。
飲む前は
今日こそすべての料理を撮ろうと誓っていたのだが
シャッターよりも箸が先に動いてしまい
シャッターチャンスを逸してしまったしだい。
かたじけない…。

放流ものだと解禁直後の若アユでも
骨がやけに固く興ざめだが
昨夜のアユは正真正銘の天然もので
頭から食べても全く骨が当たらない。

いや~、旨かった。

ご馳走さまでした!!!

(山根)



(山根)

2010/6/4

<< 2010/6 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中