毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

極上の刺身

極上の刺身

つり人編集部=写真と文

先日、ある人から
「今まで食べた刺身で一番旨かったのは」
と聞かれた。

その時はうまく答えられなかったが
いまふと冬場に釣ったスマガツオの記憶が蘇ってきた。



スマガツオは西日本ではヤイトとも呼ばれる。
胸ビレの下に黒点が1~7個あるので
ヒラソウダなどと一見して判別が可能。

離島で磯釣りをしていると外道でよく掛かる。
秋口に釣れることが多いが
秋口の30~40センチクラスは脂の乗りが今一つで酸味がある。
小笠原では1メートルクラスも釣れる。

水温の低下に伴い
スマガツオの群れは小笠原など南の海へ移動してしまうが
冬場でも時折、伊豆地方で掛かることがある。

もし、40~50センチクラスのスマガツオが冬場に釣れたら
何よりも大事に持って帰ることをオススメする。

カツオは通常身が赤いが
冬場の良型スマガツオはピンクっぽい色をしている。
たぶん脂なのだろう。

それを口に入れると
舌の上で溶けてなくなってしまう。
切り身はなくなるが、濃厚な甘みがいつまでの舌の上に残る。

ぼくが今まで食べて一番感動したのは
冬場の良型スマガツオの刺身かもしれない。

(山根)

2010/12/12

<< 2010/12 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中