毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

飯館村の今の姿に何を思う。

飯館村の今の姿に何を思う。

つり人編集部=写真と文

計画的避難区域に指定された福島県飯館村。

日本人の心のふるさとともいうべき山間の農村で
村の大半は水田と牧場でした。

とくに飯館牛はブランド牛として高値で取引されていました。

4月10日には
「子どもの教育と放射能」をテーマにした講演が行なわれ
大きな不安を抱えた村民に対して
いかに飯館村が安全かを御用学者が説明しましたが
その翌日に計画的避難区域に指定されました。

それから3ヵ月以上経った美しい農村の姿は
変わり果てていました。



主を失った水田や牧場は荒れ放題。
一度、このような状態になってしまった水田を元に戻すのは
容易なことではありません。

御用学者や御用メディアは
原発を早く再開すべきだと言っていますが
彼らの目に、飯館村の今の光景は
どのように映るのでしょう。

今はまだ牛だけがクローズアップされていますが
鶏や豚、米、麦、芋、葱などからも放射性物質が検出され
それらの出荷が停止されるようなことになり
農業や畜産を諦めざるを得ない土地が増え続けてしまったら
この国の未来はどうなるのでしょう。

このところ、テレビや新聞では
中国の高速鉄道の事故を大々的に報じています。
中国国家がいかに信用ならないかと喧伝していますが
ぼくからいわせてもらうと
あなたたち御用メディアと現在の日本国のほうが
よほど信用なりません。

先日、原発の30キロ圏内の浪江町住人で
震災以降、避難所暮らしを続けている知人に会いました。

3月12日
知人は警察からすぐに避難するように言われたそうです。
理由を問うても教えてくれません。
止む無く警察の指示に従った知人はしかし
避難所へ向かう時ですら
原発が爆発したなど想像だにしなかったといいます。

「子供のころから原発は絶対安全だと学校でも教わってきたから
一瞬たりとも、まさか原発が爆発したなんて考えませんでした」

知人は絞り出すような声で言いました。

これを洗脳と言わずして何と言うのでしょう。

原発を中立の立場で規制するために設けられた
原子力安全・保安院が
電力会社に働きかけて
原発を推進するために
あり得ないことを画策していたことが明らかになりました。

それでも
「中国はどうしようもない」
なんて言う資格があるのでしょうか。

(山根)






2011/7/30

<< 2011/7 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中