毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

フクシマの森にパワーをもらう

フクシマの森にパワーをもらう

つり人編集部=写真と文
この時期
雑木林のような場所に行くと
カブトやクワガタをつい探してしまうオッサンは
ぼくだけではないはず。

川崎市で生まれ育ったぼくにとって
地元でカブトのオスを捕ることは
東京湾の磯や堤防でクロダイを釣るのと
同じくらいの難易度。

子どものころは
夕方早い時間に目星をつけた木に蜜を塗り
夜に懐中電灯を手によく行きましたが
5回行って一匹捕れればいいほう。

かろうじてコクワやノコギリのメスをゲット
という展開が多かったな~。

さて、先日、飯館村に行った帰り
福島市の郊外にある雑木林に行きました。


黄昏のフクシマ

微かにカブト臭がしたので
「ひょっとして、この林でカブト捕れますか」
と同行者に聞いたところ
「今時分はいくらでも捕れますよ」
とあっさり。

「またまた~、カナブンじゃなくてカブトですよ」
と念を押すと
「カブトだけじゃなくてノコもミヤマもいっぱいいますよ」
とのこと。

すぐそこに、いい木がありますからというので付いていくと



「ウオ~ッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!」

遠目にもそれと分かる光景が。

ヤナギの若い木に
カブトが何匹いるかすぐにはカウントできないくらい蠢いている。



ミシミシとカブトのオスがケンカする音まで聞こえてくる。

特別にカブトを寄せるための何かをしているわけではなく
フクシマの雑木林の夏の日常なのだそう。

今回、飯館村~相馬に行き
10人近い人たちと話す機会を得ました。

東京で働いている我々が想像しているよりも
みなさんは放射能に敏感で
さまざまな対策を講じていました。

中には強制的に避難させられてしまった人もいましたが
その他はみな、生まれ育った土地を心底愛していることが
ひしひしと伝わってきました。

春は山菜とヤマメ、イワナ、アカハラ(ウグイ)。
夏はアユ、秋はサケ、マツタケ、冬はキジ、イノシシ……。
春夏秋冬、豊穣の森と川は
さまざまな恵みをフクシマの人たちに与えてくれます。

この豊かな土地から
どうして簡単に離れることができましょう。

まずは、一刻も早く第一原発からの放射能放出を止め
これまでに汚染された土地を徹底的に除染するなどして
フクシマを放射能汚染から守らなければなりません。

今こそ、国民が一丸となって
その方向へ向かうべきではないかという思いを
カブトの木を前に
心に刻むのでした。

(山根)



2011/7/31

<< 2011/7 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中