毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

少年時代

少年時代

つり人編集部=写真と文
少年時代
ぼくは釣りや虫取りに明け暮れていた。

不思議なことに
生き物に触れた記憶というのは
何十年経っても、色あせることがない。

カブト、クワガタ、カマキリ、バッタ、コオロギ
セミ、カタツムリ、チョウ、トンボ、ナナフシ、カエル
アオダイショウ、トカゲ、ザリガニ、ゲンゴロウ……。

目を閉じると
それらを捕まえて家に持ち帰った日々の記憶が
ありありと蘇る。

また、ハチの巣退治というキケンな遊びをしていて
アシナガバチに顔をボコボコにされたことや
ススキに巣を作るクモに刺されてウデがパンパンに腫れたこと
防空壕跡に入ったら、天井からゲジゲジが雨のように降ってきたこと
ヤマカガシに噛まれて焦ったこと
田んぼでザリガニを捕っていて木刀を手にした農家のおじさんに追いかけられたこと
などなど、当時の恐怖や痛みを鮮明に覚えている。

あの頃は毎日、楽しかったな~

さて、ソルトルアー界の第一人者
加来匠さんが、そんな少年時代の思い出を綴った
うさぎ美味しいかの山が発売になりました。



昭和30年代、九州の片田舎での物語は
昭和50年代の川崎のぼくの少年時代よりも
ずっと刺激に満ちています。

なにせ、加来さんは
♪うさぎ追いし かの山
を、ずっと
♪うさぎ美味しい かの山
と思っていたそうです。

月刊つり人で連載して大反響だったものを
一冊にまとめさせていただきました。

ぜひとも、自分の少年時代を思い浮かべながら
読んでみてください。

(山根)

2011/8/19

<< 2011/8 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中