毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

「はだしのゲン」が残虐だからと貸出禁止要請

「はだしのゲン」が残虐だからと貸出禁止要請

つり人編集部=写真と文
生きるということは
他の生物の命を犠牲にすることでもあります。

蚊の1ピキも殺せないようなおしとやかな女性だって
彼女が生きていることで、多くの生物が犠牲になっています。

子どもの頃よく見た動物番組では
ライオンやトラが獲物を屠り
口の周りを血だらけにして貪るシーンが決まって流れましたが
今は、せいぜい獲物を捕まえるまでしか放送されません。

まだ生きている獲物を貪るシーンは残酷だから
子どもには見せられないという苦情が多いからのようです。

日本人が好んだ魚の生き造りも
海外から残酷だなんて批判されていますね。

そんなことをのたまう偽善者ほど
本革や毛皮の装飾品をこれみよがしに身に着けていたりするんですけどね。

漫画「はだしのゲン」が過激・残虐な描写であるとのことで
松江市教育委員会が市内の小中学校に
学校図書館での子どもへの閲覧や、貸し出しを中止するよう要請しているそうです。

たしかに、「はだしのゲン」を初めて読んだ時は
ご飯も喉を通らなかったようなショックを受けましたが
だからこそ、原爆など二度と戦争で用いてはならない
という意識が強烈に植え付けられたのです。

それを過激、残虐だから子どもに見せるなんて
同じ日本人として、怒りを通り越して情けなくなります。

生きるということは
他の生物の命を犠牲にすることでもあるというのは
釣りをしているとよく分かります。

釣りを通じて、生きることの本質のようなものを
ひとりでも多くの人に気付いてもらえるよう
これからも雑誌、書籍、ウェブなどでメッセージを送り続けていかなければと
強く思ったしだい。

(山根)




2013/8/19

<< 2013/8 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中