川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

恐怖の光

恐怖の光

つり人編集部=写真と文

50円の魚肉ソーセージをつまみにちびちび飲んで
なんとかやり繰りしているワタシらにとって
仕事で高速道路に乗って100?q走行で10万円ナリの罰金……
これは真夏の怪談以上の恐怖であります。

でも、かくいうワタシもオービスの光に包まれたことがあります。
やっぱり取材の帰り。料金が高いことで名高い横浜横須賀道路でのことです。
SAから出てくる車との合流地点。
合流を妨げないように左車線から右車線へ譲った時に光ったらしい……。
らしい、というのは実感がないからです。

後日、身に覚えのない出頭要請。
オービスの位置は把握しているつもりだし、
その前で飛ばすことはない。
これは何かの間違いだろうと思って、
わざわざ高速道路に乗って三浦方面の警察へ。
しかし、見せられた写真は
津留崎健もかくや!
という鮮明な写真でした。

眠気を覚ますためか
ひとりでハンドルを握りながら熱唱し、
ソウルフルにシャウトしているアホが克明に写しだされていたのです。

「これ、あなたではありませんか?」
そう聞かれて反論の余地はありません。
ナンバープレートまできっちりと読み取れます。
なぜここで……? という疑問は残りましたが
移動オービスということで納得。

オービスの悲しいところは
パトカーに捕まったときのように
「本当は●●?q出てたけど●●?qにしといたから」
といった融通が全く利かないこと。
たしか1~2?qの差で区分が変わり、
一気に罰金が高くなったと記憶しています。

とはいえ、それはもう7年前の出来事。
今に比べれば罰金も安かったはず。

残暑厳しき折
ヤマネの怪談で暑気払いをしました。
くわばらくわばら……。









2006/8/15

2006/8 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年1月号

特集は“寒さますほど面白い「陸」と「海」を自在に冒険! たっぷり遊ぶ、水郷or地磯”。まず水郷は「なるほどディープな釣りの原点 郷愁の国のマブナ釣り」と題して、マブナを特集。これからの季節、誰もの心の中にある懐かしい土の匂いを感じながら、時を忘れて遊べるのが、昔ながらの小ブナ・マブナ釣り。たまにはほっこり、心安らぐ釣り場へ出かけてみよう。続いて、地磯は「足で釣るから満たされる地磯で、まんぷく」。アクセスしやすい堤防に比べ、混雑の少ない地磯。そこに至る道のりが険しい場所もあるが、自分の足でたどり着付いて、釣った時の達成感はひとしお。その魅力をとことん見ていきたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中