川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

恍惚のワカサギ釣り

恍惚のワカサギ釣り

つり人編集部=写真と文

長野県の木崎湖へ
ワカサギを釣りに行った。
P9250188.jpg
すでに紅葉である

モダンボートでエンジン船を借り
いざ出陣。
モダンボートは20代の伊藤兄弟が営んでいるボート屋さんで
とても良心的だ。
なんとエンジンやエレキのほか魚探も借りられる。

ポイントに着いて魚探を見てビックリ。
スゴイ反応だ。まるで、底がワカサギの絨毯のようだ。
P9250130.jpg
時に魚探をバグらせるほどの魚影

こんなにワカサギがいるのに
釣り人を乗せたボートはまばら。
好きです木崎湖。

P9250125.jpg
色付いた山々に囲まれる木崎湖

1投目からワカサギが入れ食い。
空バリで面白いように釣れる。
見上げる空は雲ひとつない晴天。
よしっ、いっちょやってみよう。
タックルバッグからオリンパスのμ725SW
を取り出す。

巻き上げ途中のワカサギを撮ろうと
防水コンパクトデジカメを水中にザブンと沈める。
パシャッパシャッ

撮れたかな?

液晶画面で撮影画像をチェックしてみると
おおっ!
写っている…
感動だ。
P9250060.jpg
今まさに、釣り上げられようとしているワカサギ。
撮影機材はオリンパスμ725SW(4枚とも)


帰路、写真家の津留崎健氏に
水中写真をチェックしていただく。
「え~っ!? 本当にコレで撮ったの?」

いつもは鼻で笑われる僕の写真が
巨匠を驚かせている。
フォッフォッフォッ(笑)

でも、その数分後、
僕は巨匠の撮った水中写真に驚愕した。
スッスゴすぎる…
津留崎健、渾身の作品は
月刊つり人1月号(11月25日発売)にて。

と、その前に昨日発売の
月刊つり人12月号でも、巨匠のスゴさはお分かりいただけるかと思います。





2006/10/26

2006/10 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年1月号

特集は“寒さますほど面白い「陸」と「海」を自在に冒険! たっぷり遊ぶ、水郷or地磯”。まず水郷は「なるほどディープな釣りの原点 郷愁の国のマブナ釣り」と題して、マブナを特集。これからの季節、誰もの心の中にある懐かしい土の匂いを感じながら、時を忘れて遊べるのが、昔ながらの小ブナ・マブナ釣り。たまにはほっこり、心安らぐ釣り場へ出かけてみよう。続いて、地磯は「足で釣るから満たされる地磯で、まんぷく」。アクセスしやすい堤防に比べ、混雑の少ない地磯。そこに至る道のりが険しい場所もあるが、自分の足でたどり着付いて、釣った時の達成感はひとしお。その魅力をとことん見ていきたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中