川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

水郷柳川へ

水郷柳川へ

つり人編集部=写真と文

若い衆の尻の穴を
ワケノシンノスという地方があるが、
先日、福岡は柳川にてワケノシンノスを食べた。
wake.jpg
柳川名物ワケノシンノスの味噌煮

世界中を食べ歩いた直木賞作家、壇一雄は
柳川に帰郷すると必ずこれを食べたという。
「若い衆の尻の穴を食べるのか?」
喫人は中国だけでなく、世界各地であったようだが、
それは大昔の話である。

ワケとは有明海のイソギンチャクのことであり、
尻の穴に似ているからワケノシンノスと呼ぶ
ようになったとか。今ではもっぱらワケで通る。

ワケの味噌煮に続いて
タイラギのワタ。
tairagi.jpg
柔らかいナマコのような感じのタイラギのワタ

タイラギとは有明海に生息する
カラスガイにラージライトを当てて巨大化させたような貝で、
東京の寿司屋でも、この貝柱を食べさせる店は
少なくない。しかし、本場ではワタも酢の物として食べるのだ。

お次は柳川でクツゾコ(クチゾコ)と呼ばれる
シタビラメの煮付け。
kutizoko.jpg
靴底に似ているからクツゾコという名が付いたとか

僕はこれが大好物で、
柳川に行くと必ず食べる逸品である。

さて、柳川に行ったのは
美味しいものを食べるためではない。
いや、正確には食べるためだけではない。
美味しいものも食べ、
存分に釣りまくるためである。
huna.jpg
町中のいたるところでマブナが入れ食い!

柳川には町中に水路やホソ、クリークが点在していて
フナ、ハヤ、ウナギ、ライギョなどがどこでも釣れる。
でも、地元の釣り人はたいがい、有明海に行くので
ほとんどがサラ場だ。
kawakudari.jpg
こんな風景がそこかしこで見られる

現在発売中の月刊つり人5月号
乗っ込みブナ特集では佐原水郷の大明解マップを掲載。
いつかは柳川水郷大明解マップをやってみたいけど、
あの蜘蛛の巣のように町中に張り巡らされた水路を探り歩くのは
一生かかってもできないかもしれない。



2007/4/3

2007/4 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
つり人社の刊行物
鮎 小沢兄弟 点撃ち泳がせ
鮎 小沢兄弟 点撃ち泳がせ 本体3,800円+税 DVD-110分
今年はなんと立てザオ! ここ数年、引き釣りを中心とした小沢兄弟のテクニックは、ワンピースハリスや短ザオなど、絶間ないバーションアップを繰り返しています。 そして今年、彼らの釣りは大きな進化を遂げていたことが明らかになりました。これまでは、…
つり人社の刊行物
鮎 小沢兄弟 点撃ち泳がせ
鮎 小沢兄弟 点撃ち泳がせ 本体3,800円+税 DVD-110分
今年はなんと立てザオ! ここ数年、引き釣りを中心とした小沢兄弟のテクニックは、ワンピースハリスや短ザオなど、絶間ないバーションアップを繰り返しています。 そして今年、彼らの釣りは大きな進化を遂げていたことが明らかになりました。これまでは、…

最新号 2019年2月号

特集は「極小仕掛けの作り方からショップ紹介、釣り方まですべて掲載 冬タナゴ ここが気になる!」。小さな魚を、小さな仕掛けでねらってみる「粋」な釣り。買い物ガイドから、新作の小バリを使った実釣、各地の野のタナゴ釣りレポート、さらにこだわり仕掛けを自作するためのヒントまで今役立つ情報を網羅した最新版のタナゴ釣りガイド。第2特集は「ほっこり温まる冬のごちそう 編集部おすすめ 旨い! 釣魚鍋」。寒い冬はやっぱり鍋に限る。釣り人の特権である新鮮な魚を使って楽しもう! 編集部がおすすめする鍋を3つ紹介。そのほか「管理釣り場のルアー&テンカラ」、「どうすれば強い? PEの結び」など充実の内容でお届け。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中