川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

オヌマンが語るバチ抜けの真実!

オヌマンが語るバチ抜けの真実!

つり人編集部=写真と文

ただいま好評発売中の月刊つり人5月号の特集でも大きく取り上げたバチ抜け。
4月の大潮回りを迎えて、ようやく湾奥のベイエリアでも本格化の兆しを見せていますが
最高の潮回りと時合に限って大風や雨……。
どうも今年のバチ抜け本番は例年よりも遅くなりそうです。
実際、去年も隅田川周辺のバチ抜けのピークは5月に入ってからでした。
まだまだ楽しめるのは間違いありません。

そして、これからバチ抜けシーバスに入門する人に朗報!
シーバスアングラーの第一人者であるオヌマンこと小沼正弥さんが
4月25日発売の月刊つり人6月号にて
バチ抜け実釣解説を行なっています!

1904171.jpg
当日もグッドサイズ含みでボコボコとヒットさせた小沼さん

釣り場は千葉県内房の干潟と小河川の絡むエリア。
コチラは湾奥よりもひと足早くバチ抜け最盛期を迎え、
ピークは2月下旬から3月下旬。
本誌発売の頃には終わっている釣り場ですが
そのバチ抜けテクニックは今後、湾奥でそのまま通用します。

1904172.jpg
当日も上げ潮が利いている間は1匹も姿が見えなかったバチですが、下げ潮が利くやいなや……

バチ抜け釣り場の見つけ方から
バチ抜け時に最適なタックルセレクト、ルアーセレクト
そのすべてを明かします。

1904173.jpg
津留崎健さんの撮影によるド迫力のファイトシーンはバチ抜けムックにも掲載予定。こちらもお楽しみに!

2007/4/17

2007/4 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年1月号

特集は“寒さますほど面白い「陸」と「海」を自在に冒険! たっぷり遊ぶ、水郷or地磯”。まず水郷は「なるほどディープな釣りの原点 郷愁の国のマブナ釣り」と題して、マブナを特集。これからの季節、誰もの心の中にある懐かしい土の匂いを感じながら、時を忘れて遊べるのが、昔ながらの小ブナ・マブナ釣り。たまにはほっこり、心安らぐ釣り場へ出かけてみよう。続いて、地磯は「足で釣るから満たされる地磯で、まんぷく」。アクセスしやすい堤防に比べ、混雑の少ない地磯。そこに至る道のりが険しい場所もあるが、自分の足でたどり着付いて、釣った時の達成感はひとしお。その魅力をとことん見ていきたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中