毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

カワハギの薄造りが誰でも簡単なナイフ

カワハギの薄造りが誰でも簡単なナイフ

つり人編集部=写真と文
「亭主元気で留守がいい」
なんてよく言うけれど
毎週末、釣りに行くとなると
さすがに家族の視線が痛い。

家にいればウザイだの、おかげで胃が痛いだのと罵られ
いなければ、何も協力しないと愚痴られる。

いったい、
日本の父親は
いつからこんな身分に成り下がったのか。

まあ、いい。

家族へのせめてもの償いとして
釣った魚を調理してあげる
という人は多い。
僕もその一人である。



たとえば、カワハギの薄造りなんて作ったら…?

でも、魚をさばくのには慣れが必要だ。
最初はなかなか上手くいかない。
だが、上手くいかない理由の多くは
包丁がダメだからだ。
切れる包丁を使えば、
中学時代に技術で1を取った僕のような男でも
角が立つような刺身を作ることができる。

まずは中出刃(刃渡り20cmほど)が1本あればいい。
7000~8000円のものを買うと安心だ。
ちなみに、僕はサウスポーなので
左利き用を使用している。

どうにかサクにできるようになったら
刺身包丁が欲しい。
そこで、おすすめしたいのがコレ


薄造りぺティーナイフ

包丁ではなくナイフなのだが
抜群に切れるのだ。
しかも、これなら
技術を要する薄造りが誰でも簡単にできる。


カワハギの薄造りが誰でも簡単!

毎日、何十尾と魚をさばく
伊豆大島の釣り宿「三佳」のご主人
白井賢一さんも
「恐ろしいほどよく切れるよ」
と太鼓判。
目の前でカワハギの薄造りを
瞬く間に作ってくれた。


「すごい切れ味だお~」と白井賢一さん

カスタムナイフなので
注文から1ヵ月くらいかかってしまうが
円満家庭を望むなら
一家に一本は欲しいナイフだ。

ナイフの詳細はコチラ
(山根)

2008/2/4

<< 2008/2 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中