川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

子どもたちの最後の夏休みイベント

子どもたちの最後の夏休みイベント

つり人編集部=写真と文
毎年恒例となった
日本釣りジャーナリスト協議会&日本釣振興会共催の
親子シロギス釣り教室が
昨日、浦安で開催された。


開会の挨拶をする日本釣りジャーナリスト協議会会長の鈴木康友(弊社社長)。向かって左は服部名人。右の美女2人は釣りビジョンでおなじみの本多絵里子ちゃんと福島和可菜ちゃん

天気はよかったものの
南西の強風が吹き、波高はやや高い。
安全面と釣りやすさを最優先し
風裏になる木更津沖まで航行することに。

その甲斐あって
ポイントに着くや船上のあっちこっちでシロギスが上がった。


お母さんと一緒にシロギスをゲット!


ヒジ叩き級もお目見え

同会は
浦安の老舗船宿「吉野屋」さんの協力もあり
参加費は2000円。
これには乗船料金、エサ、レンタルタックル費が含まれている。

昨日は212名が参加し、吉野屋さんの大型船8隻が満席状態。

夏休みというのに外で遊ぶ子どもが少なくなった昨今
こうしたイベントをきっかけに
子どもが外で遊ぶようになってほしい。

少年時代に自然の中で遊ぶことは
エアコンの効いた部屋で勉強やゲームをするよりも
はるかに有意義なはずだ。

かくいう自分も
これまでに国内外の素晴らしい釣り場に行き
多くの魚を釣ってきたが
心の中に焼き付いているのは
少年時代のフナ釣りや
毎年、「こどもの日」に連れて行ってもらった
船のシロギス釣りやアジ・サバ釣り。

球磨川の大アユや
五島列島のオナガメジナや
奥尻島の大ダラや
ニュージーランドのシマアジ・ヒラマサ
などよりも
なぜか、少年時代に手にした
フナやサバの記憶のほうが
ありありと残っているのである。
(山根)


帰港後は、釣りメーカー各社からの協賛品が当たる大抽選会が行なわれた

2008/8/20

<< 2008/8 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

最新号 2019年3月号

2019年の渓流釣りもいよいよ開幕。今月のつり人の特集は「夢空間の“ルート”&“釣り方”を一挙公開! いつか釣りたい百名山の渓」。身を置くだけで心が洗われるような日本の渓流。その環境を育むのは、列島に連なる数多くの山々だ。冬を終え、木々も生きものたちも目覚め始める春からの川。とびきりの魚たちと、今シーズンも出会いたい。百名山の渓流ガイド、郡上本流のアマゴ術、大ヤマメ・大アマゴハンターの大ものの心得、山ナイフの勘どころ、2019年渓流解禁情報などをお届け。
そのほか、堤防メジナ釣り、厳寒期のコマセワーク、渚クロダイレポート、寒タナゴ釣り、グルテンエサの勘どころといった旬の釣りも充実。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中