川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

菊間将人さんによる待望の堤防釣り入門書発売!!

菊間将人さんによる待望の堤防釣り入門書発売!!

つり人編集部=写真と文



堤防釣りのエキスパート
菊間将人さんの書き下ろし入門書
堤防釣り
がいよいよ発売になります!!

菊間さんは
伊豆半島の伊東で生まれ育ち
一時期は某大手釣り具メーカーに勤務していましたが
今は家業を継いで伊東に暮らしています。

目の前が釣り場というだけあって
四季折々
メジナ、クロダイ、ヒラスズキ、アオリイカ、
イシダイ、ヒラメ、カツオ、サバ、シロギス、アジ
などなどを相手に釣り三昧の生活を楽しんでいます。

堤防というと
ビギナーがお遊び程度に釣るから
たいした釣果は期待できない
と思っている方が多いと思いますが
菊間さんにいわせると
「堤防は言ってみれば漁礁のようなものであり
毎日のように釣り人がエサを撒くので
魚の絶対数はものすごく多いんです」
とのこと。

つまり
ビギナーはビギナーなりに
ベテランはベテランなりに楽しめるのが
堤防釣りというわけです。

で、菊間さんが日ごろ伊豆の堤防で
どんな釣果を上げているのかというと…


今の時期は大型アオリイカねらい



海がシケたらヒラスズキ



夜は巨大メバル


梅雨と冬はメジナ

まさに灯台下暗し。
ファミリーがワイワイ楽しむ足元には
こういった魚が潜んでいるのです。




本書はアジ、シロギス、サヨリ釣りといった
いわゆるファミリーフィッシングも取り上げているが
メジナやアオリイカ、ヒラスズキからマダイまで
堤防からねらえるビッグターゲットの釣り方も
詳細に記されています。




イラストをふんだんに使用しているので
とっても分かりやすいのが特徴です。

きちんとした釣り方さえ覚えれば
堤防はとても魅力的な釣り場になりますが
近年は釣り人が出したゴミが問題になり
釣り禁止になった所も少なくありません。

また、堤防とはいえ
落水の危険があるので
ライフジャケットは必着です。

これらのマナーを守って
堤防へ急げ!!
(山根)

2009/5/16

<< 2009/5 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2018年11月号

特集は『タナゴ マブナ オイカワ カジカ ハゼ シンプル×奥深い「小さい秋」の釣り大集合』。
観測史上、最高となった今夏の猛暑。台風と地震という自然の猛威も改めて想像を超えた。そんな時だからこそ、穏やかなニッポンの釣り風景を、いまいちど全身で味わってみたい。身近な風景の中を泳ぐ小魚との出会いには、心休まる笑顔の元がたくさん詰まっている。
そのほかの特集は『回遊魚シーズン到来! 青もの釣り超思考法』。
秋の海中はまだまだ熱気に満ちている。ヒットに至る思考法を身に付ければ、海面が沸き立つ騒がしい海を存分に味わえる。その他、『荒食い好機が本格化 山上湖の大ゴイ戦略』も見逃せない。この秋は記憶に残る大ゴイをねらいたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中