川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

フナムシの恐怖

フナムシの恐怖

つり人編集部=写真と文

イギリスには
アームチェアフィッシングという言葉がある。

今日のような雨の日に
アームチェアに揺られながら
釣りの本を読んだり
釣りをイメージしたり
釣り談義に華を咲かせたりして
釣りを楽しむというわけだ。

夏の雨の日にオススメしたいのがコレ


また、ここ最近のバサーでは
水辺の怪談に収録された話の検証記事も載っているので
こちらもぜひ、ご覧あれ。

というわけで
「水辺の怪談」に収録するには至らないけど
身の毛もよだつぼくの小話をひとつ。



フナムシにまつわる話である。

ぼくはフナムシが苦手なのだが
急にダメになったのには一冊の本との出会いがあった。

本のタイトルや内容は忘れてしまったが
行方不明者を探しに山へ分け入るというシーンが
その本に書かれている。

捜索隊のひとりが
薄暗い沢の上流の方に倒れている人を発見した。
現場に近づくに連れて
倒れている人が動いているのが確認でき
捜索隊は一縷の希望を抱いた。

しかし
いざ、遭難者の元にたどり着くと
動いていたのは人ではなく
人に群がっていた無数のサワガニだった。

人肉をむさぼるサワガニの動きが
遠くからだと人が動いているように見えたのである…

その後、ぼくは
フナムシでも同様のことが起こりうることを知った。
というより、フナムシのケースのほうが多いらしい…。



すっかり前置きが長くなってしまったが
ここからがぼくの話。

昔、2日ほどの徹夜明けで
磯釣りに行ったときのことである。

磯釣りに行くと
飲まず食わずでひたすら釣り続けるのが
当時のぼくのスタイルだった。

しかし、その日は徹夜がたたってか
潮が止まった昼に磯の上で爆睡してしまった。

その日の釣果がどうだったかよく覚えていないが
帰りの運転中、妙に背中がチクチクした。

「カイ~の、カイ~の」
と、シートに背中をこすりながら
どうにか帰宅。

汗と潮まみれの体をすっきりさせようと
風呂場へ直行。

Tシャツを脱いだところで
カサカサという音とともに
視界の隅で黒い物体が動いた。

足もとでフナムシが長い触角をヒクヒクさせているではないか!!

「ウォ~!!!!」

と絶叫し、スリッパで連打。

ハァーハァーと息を切らせながら
チクチクしていた背中を鏡で見ると
20cmくらいの長さでミミズ腫れが走っていた。

フナムシは爆睡中の自分を食べようとしたのだろうか…。

以来、
ぼくはフナムシがまるでダメになってしまったのだった…
(山根)

2009/8/10

<< 2009/8 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年11月号

特集は『タナゴ マブナ オイカワ カジカ ハゼ シンプル×奥深い「小さい秋」の釣り大集合』。
観測史上、最高となった今夏の猛暑。台風と地震という自然の猛威も改めて想像を超えた。そんな時だからこそ、穏やかなニッポンの釣り風景を、いまいちど全身で味わってみたい。身近な風景の中を泳ぐ小魚との出会いには、心休まる笑顔の元がたくさん詰まっている。
そのほかの特集は『回遊魚シーズン到来! 青もの釣り超思考法』。
秋の海中はまだまだ熱気に満ちている。ヒットに至る思考法を身に付ければ、海面が沸き立つ騒がしい海を存分に味わえる。その他、『荒食い好機が本格化 山上湖の大ゴイ戦略』も見逃せない。この秋は記憶に残る大ゴイをねらいたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中