川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

ナマズは地震に反応するのか…?

ナマズは地震に反応するのか…?

つり人編集部=写真と文
今朝の地震はスゴかった。

規模の割には
被害が少なかったようで何よりである。

ナマズは地震を察知するなんていわれるけど
本当のところはどうなんだろう?



これまでの経験からいって
ナマズに限らず、魚は地震に対して
人間以上に敏感であるというのがぼくの認識だ。

以前、沖磯でメジナ釣りをしていたときのこと。

朝イチからコッパメジナが入れ食いだったのが
潮代わりでもないのに、突然食いが止まった。
「おかしいなあ?」
とタナを変え、仕掛けを換えてみるも
まるで当たらず。

帰りの船の中で船長にこの話をすると
ちょうど、食いが止まった前後に
震度2程度の地震があったとのこと。

地震がくると釣れなくなるというが
こうもハッキリするのかと実感した。

その数年後
南房総の地磯でクロダイをねらっていたときのこと。
エサはスイカである。

かつて
スイカエサでアタリがあれば
十中八九クロダイであるといわれていたが
数年前から房総半島ではアイゴ、サンノジ、メジナ、フグなど
さまざまな魚がスイカエサに反応するようになった。

で、この日はどういうわけか
朝からサンノジが立て続けに釣れた。
サンノジはメジナ釣りの外道でよく釣れるが
ほとんどが30~40cmオーバーである。

そのクラスのサンノジはイヤというほど釣っていたが
30cm未満の型は不思議と釣ったことがなかった。
口が小さくて
ハリ掛かりしなかったというだけかもしれないが…

ところが、
その日に釣れたのはほとんが20~25cmのサンノジ。
それも入れ食い状態だ。


釣友もコッパサンノジが入れ食い

こんな日もあるのかと、思っていると
突然、激しい立ちくらみがきた。
このままでは海に転落すると
急いでしゃがんだ。

すると、
隣でサオをだしていた釣友も地面に手を付いている。
立ちくらみではなく、地震だったのだ。

2005年に房総半島北東部を襲ったマグニチュード6の
大地震である。

地震が来れば津波である。
僕らはサオとリールだけ持って
急いで高台に上った。

しばらくすると
「津波の心配はありません」
と町内のアナウンスがあったので
釣りを再開。

すると、コッパサンノジどころか
アタリは皆無。
夕方まで2時間ほど粘ったところで
最後にアタリ。
強烈な締め込みで
ついに本命のクロダイかと思ったのは
45cmのサンノジだった…。

小型のサンノジが入れ食いになったのは
地震の前触れだったのだろうか?

地震ではないが
イシモチはシケの前に荒食いをすることで知られている。

ちなみに、
現在発売中の月刊つり人9月号には
ナマズ釣りの記事が収録。
エサとルアーの2本立て。

楽天にも紹介されてます!!
(山根)





2009/8/11

<< 2009/8 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年11月号

特集は『タナゴ マブナ オイカワ カジカ ハゼ シンプル×奥深い「小さい秋」の釣り大集合』。
観測史上、最高となった今夏の猛暑。台風と地震という自然の猛威も改めて想像を超えた。そんな時だからこそ、穏やかなニッポンの釣り風景を、いまいちど全身で味わってみたい。身近な風景の中を泳ぐ小魚との出会いには、心休まる笑顔の元がたくさん詰まっている。
そのほかの特集は『回遊魚シーズン到来! 青もの釣り超思考法』。
秋の海中はまだまだ熱気に満ちている。ヒットに至る思考法を身に付ければ、海面が沸き立つ騒がしい海を存分に味わえる。その他、『荒食い好機が本格化 山上湖の大ゴイ戦略』も見逃せない。この秋は記憶に残る大ゴイをねらいたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中