毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

八ツ場ダム問題

八ツ場ダム問題

つり人編集部=写真と文
前原誠司国土交通相が
群馬県の八ツ場(やんば)ダムの建設事業中止を明言した。

「工事が進んでいるのだから、今さら中止など言語道断」
という意見があるが
作ってはいけないものなのだから
工事が進んでいようがいまいが中止すべきであろう。

ダムができれば
それ自体、自然環境に与える影響は大きい。
アユやサクラマスのソ上はダムで阻止されてしまうし
ヤマメやイワナ、カジカなどの移動も
ダムにより制限されてしまう。

ダム下流部の水質が悪化するのは明白だ。

山々から染み出た「森の栄養分」は
本来は川を流れ下って海に届き
海藻を育てる。
海藻は微生物を育み
貝やエビ、小魚のゆりかごになる。

だから今は海の漁師が
植林をするのである。

しかし、そうした山から海への生態系も
ダムにより寸断されてしまう。

ダムの功罪はそれに留まらない。

ダムが造られれば
堆砂を防ぐために
ダムの上流部に砂防ダム(えん堤)が造られる。

その砂防ダムへの堆砂を防ぐために
さらに上流部に砂防ダムが造られる。

つまり、ひとつのダムが造られれば
その上流部には次々と砂防ダムが造られていくのである。

しかし、ダム建設に関する予算は
あくまでもダム工事に関わるためのものであり、
そうした砂防ダムなどに関わる建設費が
あらかじめ説明されることは少ない。

ダムを維持するためのそれらの費用が
多くの場合、県民が負担することになるにもかかわらずだ。

のりピ~ではないが
ダム建設は一度やったら止められない麻薬のようなものなのだ。

民主党にはダム建設を中止するだけでなく
日本中にゴロゴロある
すでに存在価値のなくなってしまったダムについて
撤去していくことを期待したい。

ダム撤去となれば
それはそれで建設業界にも仕事が回るし
ダムにより寸断されてしまった
山→川→海の生態系が復活するからだ。

欧米では
「ダムによる治水には限界があった」
ことを国が認め、国民に謝罪し、
すでにダム撤去が行なわれている。

日本がダム撤去をしてこなかったのは
「前任者の否定はできない」という
役人の悪しき風習によるところが大きい。

政治主導で
ぜひともダム撤去を実現して欲しい。
(山根)




2009/9/18

<< 2009/9 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中