毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

アマダイ/「一夜干し」

手軽に高級干物の味わいを

石井ちか江 解説
146_149_yamaguchi_cs6 (27)解説◎釣魚家庭料理研究家 石井ちか江
白身でふっくら。高級干物の味わいがお手軽に楽しめる!


この記事は『つり人』2016年3月号に掲載したものを再編集しています。

アマダイの一夜干し

材 料

アマダイ1尾
10%の塩水(水1000㏄につき100gの塩を混ぜる)

1
146_149_yamaguchi_cs6 (19) アマダイのウロコを取る

2
146_149_yamaguchi_cs6 (20) 146_149_yamaguchi_cs6 (21) 背中から包丁を入れて開いていく

3
146_149_yamaguchi_cs6 (22) 146_149_yamaguchi_cs6 (23) エラ、内臓を取り除き洗う

4
146_149_yamaguchi_cs6 (24) 少し濃いめの10パーセントの塩水を作り、約1時間漬ける

5
146_149_yamaguchi_cs6 (25) キッチンペーパーで拭きしっかりと水分を取る

6
146_149_yamaguchi_cs6 (26) 吸水シートで包み、密封できるビニールに入れて冷蔵庫で半日~1日置けば完成

2017/1/26

最新号 2017年7月号

待ちに待ったアユの解禁日。祝祭の日をどんな流れで迎えようかと悩む人に、今号では期待の釣り場を大予想! 「名手がいざなう2017魅力のフィールド!」では各地の名手、トップトーナメンターに6月解禁の河川を対象に、水況、放流実績、おすすめの入川エリアを紹介してもらった。そのほか、「今さら聞けない! 解禁直前チェックポイント」、「全国アユ河川解禁情報」などアユ釣りファン必見の内容をお届け。 第2特集は“テナガエビ”。梅雨を迎えれば好機到来。釣りビギナー向けの入門記事からおすすめのフィールド紹介、海外のテナガエビ事情などテナガエビの魅力を余すことなくお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中