川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

アマダイ/「一夜干し」

手軽に高級干物の味わいを

石井ちか江 解説
146_149_yamaguchi_cs6 (27)解説◎釣魚家庭料理研究家 石井ちか江
白身でふっくら。高級干物の味わいがお手軽に楽しめる!


この記事は『つり人』2016年3月号に掲載したものを再編集しています。

アマダイの一夜干し

材 料

アマダイ1尾
10%の塩水(水1000㏄につき100gの塩を混ぜる)

1
146_149_yamaguchi_cs6 (19) アマダイのウロコを取る

2
146_149_yamaguchi_cs6 (20) 146_149_yamaguchi_cs6 (21) 背中から包丁を入れて開いていく

3
146_149_yamaguchi_cs6 (22) 146_149_yamaguchi_cs6 (23) エラ、内臓を取り除き洗う

4
146_149_yamaguchi_cs6 (24) 少し濃いめの10パーセントの塩水を作り、約1時間漬ける

5
146_149_yamaguchi_cs6 (25) キッチンペーパーで拭きしっかりと水分を取る

6
146_149_yamaguchi_cs6 (26) 吸水シートで包み、密封できるビニールに入れて冷蔵庫で半日~1日置けば完成

2017/1/26

最新号 2018年5月号

特集は「“野営”と“川釣り”道具学 山里キャンプ」。
焚き火は見つめる人の心をピュアにする。
薪がはぜる音、揺れる炎の持つ不思議なほどの安らぎ。
その暖かさの横で聞く、川のせせらぎもまた格別だ。
自然を五感で味わう、おそらくもっともぜいたくな野営スタイルの1つ。
今号では、本州最南渓の古座川でのキャンプ、アウトドア・コンシェルジュに訊く
自分流キャンプの作り方、最新アウトドアグッズ、早春の里川渓流攻略10の心得、
泊まりで行きたい春渓流……などを取り上げている。
そのほか、乗っ込みの好機到来のクロダイ、マブナ、
沖釣りではマダイ、カサゴ、タチウオなど旬の釣りをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中