川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

スズキ/「ポワレ」

脂がのった白身と好相性!

佐藤直樹 写真と文
068-069sato_suzuki_cs6 (9)
ほどよく脂が乗った白身のスズキはポワレやムニエル等の料理と相性がよい。
誰でも簡単に、ちょっとオシャレなオススメのフランス料理


この記事は『つり人』2016年2月号に掲載したものを再編集しています。

スズキのポワレ


材料(2人前)
 
スズキ1尾(50 ㎝前後)、
しめじ1/2パック、
にんにく1かけ、
オリーブオイル大さじ2、
白ワイン50cc、
乾燥バジル適量、
塩コショウ適量、
バター20g、
醤油大さじ1、
付け合わせとしてプチトマト、
アスパラなど

1
スズキはウロコ、内臓を取り3枚におろす。腹骨をすき、骨抜きで骨を抜き、食べやすい大きさに切る。

2
ボウルにスズキの切り身、白ワイン、乾燥、塩コショウを入れ、15分ほど下味を染み込ませる。

3
フライパンにオリーブオイルを入れ、中火で薄くスライスしたニンニクを炒める。ニンニクに焼き色が付いたらニンニクを取り出し、2をフライパンへ。切り身は皮目を下にして中火で焼く。

4
焦げないように注意しながら、大きめのスプーンでフライパンの中の汁を切り身にかける。

5
8割方火が通ったら切り身を裏返し、しめじ、バター、醤油を入れる。

6
2分ほど焼いたら、皿に盛りつけ完成。

2016/12/8

最新号 2018年5月号

特集は「“野営”と“川釣り”道具学 山里キャンプ」。
焚き火は見つめる人の心をピュアにする。
薪がはぜる音、揺れる炎の持つ不思議なほどの安らぎ。
その暖かさの横で聞く、川のせせらぎもまた格別だ。
自然を五感で味わう、おそらくもっともぜいたくな野営スタイルの1つ。
今号では、本州最南渓の古座川でのキャンプ、アウトドア・コンシェルジュに訊く
自分流キャンプの作り方、最新アウトドアグッズ、早春の里川渓流攻略10の心得、
泊まりで行きたい春渓流……などを取り上げている。
そのほか、乗っ込みの好機到来のクロダイ、マブナ、
沖釣りではマダイ、カサゴ、タチウオなど旬の釣りをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中