編集部2016年12月8日

スズキ/「ポワレ」

美味しい鮮魚料理 料理-スズキ

ほどよく脂が乗った白身のスズキはポワレやムニエル等の料理と相性がよい。 誰でも簡単に、ちょっとオシャレなオススメのフランス料理。

脂がのった白身と好相性!

佐藤直樹 写真と文


ほどよく脂が乗った白身のスズキはポワレやムニエル等の料理と相性がよい。
誰でも簡単に、ちょっとオシャレなオススメのフランス料理


この記事は『つり人』2016年2月号に掲載したものを再編集しています。

スズキのポワレ


材料(2人前)
 
スズキ1尾(50 ㎝前後)、
しめじ1/2パック、
にんにく1かけ、
オリーブオイル大さじ2、
白ワイン50cc、
乾燥バジル適量、
塩コショウ適量、
バター20g、
醤油大さじ1、
付け合わせとしてプチトマト、
アスパラなど

1
スズキはウロコ、内臓を取り3枚におろす。腹骨をすき、骨抜きで骨を抜き、食べやすい大きさに切る。

2
ボウルにスズキの切り身、白ワイン、乾燥、塩コショウを入れ、15分ほど下味を染み込ませる。

3
フライパンにオリーブオイルを入れ、中火で薄くスライスしたニンニクを炒める。ニンニクに焼き色が付いたらニンニクを取り出し、2をフライパンへ。切り身は皮目を下にして中火で焼く。

4
焦げないように注意しながら、大きめのスプーンでフライパンの中の汁を切り身にかける。

5
8割方火が通ったら切り身を裏返し、しめじ、バター、醤油を入れる。

6
2分ほど焼いたら、皿に盛りつけ完成。

2016/12/8

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!