編集部2022年5月23日

和歌山県/串本大島のアオリイカを釣って食べる!食べる編

アオリイカ 全国おすすめ釣り場 和歌山

冬の終わりから春の始まりにかけては海の中が大きく変わろうとするタイミング。 産卵のため捕食のため岸寄りに集まるターゲットの数と種類が増える。 そしてこれから初夏にかけてますます身が美味しくなる魚もいる。 適度なキープで海の恵みを美味しくいただきます!

食いしん坊ルアーマンが実釣!実食!

レポート◎岡 隆之
こちらの記事は月刊『つり人』2021年6月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

冬の終わりから春の始まりにかけては海の中が大きく変わろうとするタイミング。 産卵のため捕食のため岸寄りに集まるターゲットの数と種類が増える。 そしてこれから初夏にかけてますます身が美味しくなる魚もいる。 適度なキープで海の恵みを美味しくいただきます!

レポート◎岡 隆之(おか・たかゆき)
大阪府在住。「おかぴ~」の愛称で親しまれるアングラー。エギングのみならずアジング、チニング、メバリングなども得意にする

 

「和歌山県/串本大島のアオリイカを釣って食べる!釣る編」 ◀◀◀前回はコチラ

海で遊んだあとは山へ!

 今回は釣りのあとに仲間たちと和歌山県すさみ町の『CAMP Knot』さんへ向かい、大好きなキャンプ飯を作って盛り上がった。

tsurishinbouF (5)-2釣りのあとはキャンプ場で盛り上がる! 自分の釣ったアオリイカのほかにも仲間が地魚のイサキを用意してくれていたので調理前からこの笑顔!

 釣ったアオリイカを使って作った料理はアクアパッツア。アオリイカをはじめとした、さまざまな魚介を男らしくフライパンにぶち込み、煮るだけの簡単さでありながら、和歌山の海の香りを満喫できるこの料理は、我々野郎どもには持ってこいの料理である。

tsurishinbouF (7)-1アオリイカは内臓、目玉を取り除き食べやすい大きさにカット。今回はイサキもあったので、先に軽く焼いておくと煮崩れしにくい。イカと魚のほかにミニトマト、マッシュルーム、パプリカ、アサリを大きめのフライパンに入れてオリーブオイルで炒めたのち、白ワインと水とで煮込むだけ!!

 開放感のある星空の下、仲間たちと釣りや他愛もない話をしながらの食事は最高の時間である。自宅での調理もいいが、海で釣りをして、山でキャンプをして、自然を大満喫するのもアウトドアの楽しみ方ではないだろうか。

 今回は、仲間が用意してくれた和歌山県産のイサキも加えたところめちゃくちゃ美味しかった! アオリイカのアクアパッツァはマジでオススメです!

tsurishinbouF (8)-2気の合う仲間、家族、恋人、ソロ……。フライパンひとつでご馳走ができるアクアパッツァは釣りキャンとの相性が抜群の料理だ

 

◆オカッパリエギングの動画もチェック!

 

 

    • 1
    • 2

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。