<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=170559842213036&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

カテゴリー

2024年4月21日(日)、「江戸前フィッシングフェス 2024」伝統と先進の融合〜日本の釣具ソコヂカラ展開催!

編集部 2024年4月12日

2024年4月21日(日)、「江戸前フィッシングフェス 2024」伝統と先進の融合〜日本の釣具ソコヂカラ展が開催。櫻井釣漁具、トーキョーマハゼ、Sacana Inc、INX.Labelが集合! 神保町駅A5出口から徒歩2分! 千代田区神保町・つり人社ビルB1F「STUDIO-J1」にて

『North Angler's』2024年5月号、4月8日発売‼

編集部 2024年4月4日

ショアは4月から5月にかけて道央・道南圏でサクラマス釣りが本格化。一方のオフショアは、今年は函館近郊の津軽海峡が大盛り上がり。この号が出る頃はシーズン最終盤にあたり、ラストの大ものラッシュが期待されます。今号ではショアとオフショアそれぞれの最新アイテムを徹底分析し、名手が釣果アップの勘所をアドバイスします。

【漫画】締めて美味しく/ゆかぴ船長の「今日も釣れっから!」第67話

編集部 2024年4月3日

釣ったカワハギをさらに美味しく持ち帰るには…!

『鮎釣り2024』好評発売中!

編集部 2024年3月29日

...

【漫画】前よりも釣れる!/ゆかぴ船長の「今日も釣れっから!」第66話

編集部 2024年3月27日

前回釣行時よりも手ごたえを感じる三河。テクニックが身についてきたのか?

【メガバス】伊東由樹のシーバス観

編集部 2024年3月27日

日本のシーバスシーンの黎明期から数々の人気ルアーやロッドを手掛けてきたメガバスの創業者でありデザイナーの伊東由樹さん。幼い頃から日常的に触れていたというスズキへの造詣は深く、その食性のド真ん中に刺さるようなルアー作りを目指す。はたして、伊東さんのシーバス観とは。

...

『つり人』2024年5月号、好評発売中!

編集部 2024年3月22日

今月号は春のアジ・メバル特集。プラグとワーム・リグごとの誘い方のコツやタックルのセッティング方法などの基本的なテクニックから、アジングで一級ポイントが空いていなかった時の探り方やメバルのプラッギング、極小ワームの使い方などの応用まで幅広い情報が満載です。全国のアジ・メバル最新事情や釣行後も楽しめる絶品料理13選などのお役立ちコンテンツも掲載しています。

『Basser』2024年5月号、好評発売中!

編集部 2024年3月22日

シンカーは、ルアーのスピードやレンジ、アクション、アングラーがタックルを通して感じるボトムとの接触感など、さまざまな要素を左右する存在です。たった”ひとつまみ”が、バスのルアーに対する反応を劇的に変えることがります。

【漫画】リベンジ/ゆかぴ船長の「今日も釣れっから!」第65話

編集部 2024年3月19日

カワハギリベンジに来た三河! イメトレはばっちり?

【漫画】待望の/ゆかぴ船長の「今日も釣れっから!」第64話

編集部 2024年3月13日

待望のサオを叩くようなアタリ!この感触は…!

記事検索

  • 検索フィールドが空なので、候補はありません。

月刊つり人 最新号

つり人 2020年5月号

列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。