カテゴリー

センドウタカシさんおすすめのコンパクトスピナーベイト・後編

編集部 2021年9月3日

今回のテーマは、巻きモノの代表格であるスピナーベイト。 そのなかでも、スピニングタックルで扱いやすいコンパクトスピナーベイトにフォーカスしてみたいと思います。

小さいけれど大活躍!

写真◎編集部 文◎センドウタカシ

センドウタカシさんおすすめのコンパクトスピナーベイト・前編

編集部 2021年9月3日

今回のテーマは、巻きモノの代表格であるスピナーベイト。 そのなかでも、スピニングタックルで扱いやすいコンパクトスピナーベイトにフォーカスしてみたいと思います。

小さいけれど大活躍!

写真◎編集部 文◎センドウタカシ

センドウタカシ/ちょい重!?スモールラバージグでのバス釣り おすすめの使い方 その2(最終回)

編集部 2021年8月28日

現代日本のバスフィッシングシーンにおいて、もはやなくてはならない存在ともいえるスモールラバージグ。 いつでも、どこでも、オールマイティーに使える必釣ルアーです!最終回!

タフな時だけじゃない!?いつでもどこでもスモラバは活躍します!

写真◎編集部 文◎センドウタカシ

センドウタカシ/ちょい重!?スモールラバージグでのバス釣り おすすめの使い方 その1(全2回)

編集部 2021年8月27日

現代日本のバスフィッシングシーンにおいて、もはやなくてはならない存在ともいえるスモールラバージグ。 いつでも、どこでも、オールマイティーに使える必釣ルアーです!

タフな時だけじゃない!?いつでもどこでもスモラバは活躍します!

写真◎編集部 文◎センドウタカシ

神奈川・芦ノ湖/虫ルアー&フロッグでねらうブラックバス~センドウタカシ~ その2(最終回)

編集部 2021年8月24日

灼熱の日々が続く日本列島。 涼を求めて向かった先は、日本バスフィッシングのマザーレイク芦ノ湖。 虫ルアー&小型フロッグで芦ノ湖ブラックバスをねらってまいりました~!!

虫&カエルでねらう赤星バス

写真◎編集部 文◎センドウタカシ

神奈川・芦ノ湖/虫ルアー&フロッグでねらうブラックバス~センドウタカシ~ その1(全2回)

編集部 2021年8月23日

灼熱の日々が続く日本列島。 涼を求めて向かった先は、日本バスフィッシングのマザーレイク芦ノ湖。 虫ルアー&小型フロッグで芦ノ湖ブラックバスをねらってまいりました~!!

虫&カエルでねらう赤星バス

写真◎編集部 文◎センドウタカシ

センドウタカシ 思い出バジングトップウォーター列伝 その2(最終回)

編集部 2021年8月15日

...

センドウタカシ 思い出バジングトップウォーター列伝 その1(全2回)

編集部 2021年8月14日

 ワームやプラグのようなエサっぽい雰囲気もなく無機質なルックスのバズベイトは、バスフィッシング経験値の低い人にとって最も不可解なルアーのひとつ。自分も、初めて見たときは「本当にこんなルアーで釣れるの?」と思っていました。しかし、あのエキサイティングなバイトを体感して以来、自分の釣りの中軸を固めるルアーのひとつとなりました。

水面をにぎやかすトップウォーター!
...

乗りがいいのはなぜ? センドウタカシさんのグラスロッド考

編集部 2017年3月16日

センドウタカシさんのグラスロッド考。センドウタカシさんには、「“グラスロッドは乗りがいい”のは本当か」というテーマで解説してもらいました。

「グラスロッドの最大の魅力は“感度の低さ”。だからこそ乗る」【周年】

  Basser編集部=写真と文

   

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。