カテゴリー

タナゴ・クチボソ・マブナ釣り/小もの仕掛けで何でもトライ!

編集部 2017年2月24日

春は魚たちがいっせいに動きだす季節。 最近はブーム的な人気もあって、タナゴ全盛の感もあるものの、つぶらな瞳の他魚にも劣らぬ魅力がある。 小もの釣り入門者の『つり人』編集長が、肩肘張らない癒しの釣りをご案内。

おすすめ時期:周年

つり人編集部=写真と文

タナゴ釣り/グルテンエサの使いこなしを名人に訊きました

編集部 2016年12月8日

年末年始、手軽な場所で遊べないか?という向きには、釣り掘で楽しむタナゴはいかがだろう。 手返しよく、連続ヒットを味わいたい。

おすすめ時期:12~1月

つり人 写真と文

タナゴ釣り/可憐な魚と繊細な趣を楽しむ

編集部 2016年12月6日

霞ヶ浦を代表するタナゴといえば、オカメタナゴの愛称で親しまれるタイリクバラタナゴ。当歳魚は晩秋以降に本湖のドック周りや土手下のホソに群遊し、多くのタナゴフリークを癒してくれる。

おすすめ時期:12~1月

葛島一美 写真と文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!