カテゴリー

タチウオ料理/タチウオのさばき方! 専門店の板前が解説!

編集部 2016年12月10日

関西では薄口醤油でじっくりと味を含ませる煮付けが一般的だが、この甘辛醤油煮は濃いめの煮汁で手早く火を通す、いうなれば関東風である。

タチウオ美食マニュアル

タチウオ/「甘辛醤油煮」

編集部 2016年12月6日

関西では薄口醤油でじっくりと味を含ませる煮付けが一般的だが、この甘辛醤油煮は濃いめの煮汁で手早く火を通す、いうなれば関東風である。

濃いめの煮汁の関東風

葛島一美 写真と文

タチウオ/「酒蒸し」

編集部 2016年12月6日

シンプルな料理だが、タチウオが持つ素材の旨みを味わえるのが酒蒸し。脇を固める豆腐やキノコ類、青菜の美味しさも保証付き!

シンプルな味付けで素材の旨みを味わえる

葛島一美 写真と文

タチウオ/「竜田揚げ」

編集部 2016年12月6日

ほどよく香味の効いた醤油ダレが食欲を誘う竜田揚げ。酒の肴はもちろん、ご飯のオカズとしても家族受けは人気ナンバーワン!

香味の効いた醤油ダレが味を引き立てる

葛島一美 写真と文

タチウオ/「炊き込みご飯」

編集部 2016年12月6日

今回はヤマイモの赤ちゃん“むかご”との炊き込みご飯。フレーク状にほぐれるタチウオの身は米の一粒一粒に絡み、しっとりとした食感に仕上がる。初冬ならキノコ類も美味しいし、春になればタケノコといった旬の食材を脇役に抜擢しよう!

米の一粒一粒に身が絡み、しっとりとした食感に

葛島一美 写真と文

タチウオ/「塩焼き」

編集部 2016年12月6日

不変の一番人気はホクホクの焼き立てを柑橘類の香りとともにいただく塩焼き。味を引き締める海塩にこだわるのは沖釣りグルメ派の証である

味を引き締める海塩にこだわる!

葛島一美 写真と文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。