カテゴリー

メバル、カサゴほか根魚釣り×温泉/兵庫県洲本市・淡路島観光ホテル前

編集部 2017年12月25日

兵庫県の淡路島に釣りと温泉をまとめて楽しめる施設がある。島南部の東海岸、大阪湾口に近い洲本市は大浜海岸の南、小高い岬に建つ洲本温泉「淡路島観光ホテル」がそうだ。

プライベート釣り場で冬場は根魚三昧!

高崎冬樹◎レポート

ムツ釣り/千葉県勝浦市・興津西港

編集部 2017年11月25日

外房の勝浦市に位置する興津西港は興津湾の南西にある漁港。港の南側、東側には浅い磯が広がり波をブロックするので普段は穏やか。

Aはもっとも沖に向いており一級ポイント

アグレッシブな美味魚をライトタックルで

メッキ釣り/静岡県沼津市・狩野川河口

編集部 2017年11月24日

ターゲットのメッキはロウニンアジやギンガメアジなどの幼魚を指す俗称である。彼らは夏から晩秋にかけて、ライトタックルゲームの好敵手である。

季節限定のライトソルトの好敵手

カレイ釣り/茨城県ひたちなか市・磯崎港

編集部 2017年11月24日

常磐地方とは、茨城県と福島県の太平洋岸一帯を指す。このエリアの海岸線のほとんどは遠浅の砂浜海岸だが、大小さまざまな港も点在している。

阿字ヶ浦海水浴場の隣りに位置する小さな漁港が磯崎港だ

多彩なカレイを投げ釣りで!

アオリイカ釣り/三重県尾鷲市・海野漁港

編集部 2017年11月24日

紹介する海野漁港は紀伊長島港の西に位置する。紀伊長島港には劣るものの魚影は濃い。紀伊長島港があまりにも有名なため、海野漁港は陰に隠れがちで、立ち寄るアングラーは比較的少ない。

シャローに入っているアオリイカは捕食モードに入っているため、勝負が早い

穴場スポットで秋アオリ

レポート◎川井英嗣

クロダイ&根魚釣り/愛知県南知多町・篠島・日間賀島

編集部 2017年11月24日

額が汗ばむような秋とは思えぬ陽気が続いていたが、11月に入って極端に寒くなった。何だか夏から秋を飛び越して冬になったかのようだ。

初冬の離島でハズレなしの前打ち

アオリイカ釣り/静岡県沼津市・原海岸放水路

編集部 2017年10月26日

今シーズンの駿河湾沿岸、伊豆半島沿岸はアオリイカが多い。特に駿河湾奥、沼津市沿岸は10月に入り、300~500gのサイズが数釣れている。しかし、情報は早いもので、エギングファンも多くなり、港回り、防波堤は先行者が多く入れないこともしばしば。

サーフから突き出た突堤のようなものが放水口

混雑知らずのサーフで秋アオリ

新保明弘◎文・写真

アオリイカ釣り/三重県尾鷲市・梶賀漁港

編集部 2017年10月26日

三重県尾鷲市にある梶賀漁港を紹介したい。賀田湾の入り口付近に位置する漁港で、水深があるため魚の数は多い。左右から堤防が出ており、その脇にはゴロタ場、沖には藻場が点在する。

ブレイクラインが遠いので、ゴロタ場からねらう場合は遠投が必要だ

好調の尾鷲地区! 堤防&ゴロタでデカアオリねらい

川井英嗣◎文・写真

メバル釣り/千葉県南房総市・太房岬

編集部 2017年10月26日

太房岬は房総半島の南部にある館山湾の北側から東京湾に向かって伸びる半島。80mほどの山で形成された半島には遊歩道や展望台があり観光客にも人気の場所だ。

足もとの磯際もしっかりねらいたい

サオ抜けで尺オーバー

渡邉長士◎文・写真

ハゼ釣り/千葉県木更津市・木更津内港

編集部 2017年10月26日

初夏から釣れ続いた東京湾奥のハゼたちも深場へと落ちていき、ノベザオで数釣るのは難しいシーズンとなった。変わって好期を迎えるのが東京湾では千葉側の海。

宮川丸の目の前に広がる船溜まりのスロープでは、ノベザオでも良型ハゼをねらうことができる

超ライトタックルのチョイ投げで落ちハゼねらい

時田眞吉◎文・写真

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。