毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

イトの結びpart2

イトの結びpart2

つり人編集部=写真と文

11月6日のブログで結びについて書いた。
かなりのアクセスがあったようなので
もうちょっと踏み込んだ話をしよう。

前回も書いたが
結び方も大事だが、
イトの相性や結ぶ回数によっても
結びの強度は変わってくるのだ。

たとえば異なるラインの接続方法には
直結とサルカン等の接続器具を介する方法がある。
それぞれに各種の結びがあるが
相対的に接続器具を介したほうが強度は出る。


結びのトリセツ
の巻末にも掲載されているが
たとえば、ナイロン2号をサルカンに結んだ場合
最も強度があったのはダブルクリンチノットで
4・2キロほどだったのに対し
直結で最も強かったトリプルサージャンズノットは
2号ナイロンで3キロほどだった。

また、サージャンズノットで
イトを通す回数を変えて計測してみたところ
クアドラブルサージャンズノット(4回)よりも
トリプルサージャンズノット(3回)のほうが強かった。

ハリの結びでも
外掛け結びでフロロカーボンの2号を使用した場合
7回よりも5回が強く
5回よりも3回が強かった。
ただし、チモトにマクラを入れた場合
強度がグンと高まった。
具体的にいうと
5回巻いた場合の強度は2・9キロほどだったのに対し
5回でマクラを入れた場合は3・3キロほどだった。

マクラを入れるのは
イトに角度を持たせて
やり取りの際にハリスがチモトに触れるのを防ぐためと
思っていたのだが
マクラを入れることで強度がアップすることを知り
目から鱗だった。

上記のデータは
以前、月刊つり人の企画で
ラインメーカーから計測器をお借りし
アユ釣りや磯釣りのベテランに
さまざまな結びをしていただき
結ぶ回数や号数を変えて
それぞれ平均値を取るため5回ほど計測したので
信憑性の高いデータだと自負している。

もっとも
そのおかげで、朝から深夜までかかってしまったが…
(山根)

2009/11/16

<< 2009/11 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中